Tag Archives for Cocos2d-x

[Cocos2d-x] Lua版とJavaScript版(Cocos2d-JS:JSB)の違い:まとめ

Lua版 メリット ・単純なC++版APIのバインディング。そのため、C++版にあるほぼすべての機能をLuaから使える。 ・Luaのバインダとして有名なluabindを用いているため、自分のC++コードとのバンディングが … Continue reading

2016 年 3 月 29 日 by
Categories: プログラミング | Tags: |

[Cocos2d-x] イベントドリブンの仕組みとイベントリスナの設定方法(v3.x):C++とCocos2d-JSで微妙に異なる

基本 EventDispatcher イベントディスパッチャ(イベントマネージャ)は全体でひとつのみ(Singleton的)。 Node#getEventDispatcher()とDirector#getEventDis … Continue reading

2015 年 8 月 7 日 by
Categories: プログラミング | Tags: |

[Cocos2d-x] 3D関連機能のまとめ:v3.6現在

基本 以前から3D機能はあったが、基本的に2.5D=3Dのオブジェクトを2D的に扱うためのものだった。 v3.4くらいから、本格的な3D機能が増えはじめた。 3Dオブジェクトの表示:Sprite3d 対応ファイルフォーマ … Continue reading

2015 年 6 月 12 日 by
Categories: プログラミング | Tags: |

[Cocos2d-x] UI関連クラスのまとめ:extention(拡張機能)のCCUIライブラリとネイティブのUIライブラリにおける違い

Cocos2d-xのUI(GUI)関連のAPIには、大きく分けて2種類ある。 ネイティブのクラス 拡張されたクラス ネイティブのクラス はじめからCocos2d-xに組み込まれていたクラス。 普通にLayerやNodeに … Continue reading

2015 年 3 月 25 日 by
Categories: プログラミング | Tags: |

[Cocos2d-x] Cocos Studio: UI EditorのAdaptive Resolutionとは

ウィジェットの「プロパティ」ウィンドウの「Feature」ペインに「Adaptive Resolution」というチェックボックスがある。 これは、ルートノード(すべての親)となるPanelのサイズを、ソースコードでの実 … Continue reading

2015 年 3 月 17 日 by
Categories: プログラミング | Tags: , |

← Older posts

Newer posts →