マイクラ的ブロック系ゲームのまとめ:オープンワールドのサンドボックスゲーム、FPSなど【おすすめ】

マイクラ的ブロック系ゲームのまとめ:オープンワールドのサンドボックスゲーム、FPSなど【おすすめ】

【2019年5月5日更新】タイトル追加&日本語対応タイトルを上位に表示

以下では、Minecraft(マイクラ)などに見られる、ブロックを使って建築などを行うサンドボックスゲームのタイトルを紹介する。

# 一部、サンドボックスゲームではないものも含まれる。

日本語対応のタイトル・おすすめほど上位に表示

▼動画 (クリア)

用語

voxel(ボクセル、ヴォクセル):3D座標での体積を示す1単位。ゲームでいうブロックのこと。
ビルド:ブロックを積み上げての建設
クラフト:アイテム作成
マイニング:採掘(採鉱)
生産:農業、漁業など
アバター:プレイヤーキャラなどのカスタマイズ(特に見た目)
RPG:ストーリーやプレイヤーキャラの成長要素などがあるか
課金形態:明示されていないかぎり、基本的に税込価格(8%)

ビルド要素のあるタイトル

Trove

プラットフォーム:PC(Steam:Windows)、Mac(Steam)、PS4、Xbox One
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:日本語(PCのDMM版、PS4のみ)、英語(Steamでは日本語対応なし)
課金形態:基本無料(PS4向けのパッケージ版あり)
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

カスタマイズ性が高く、乗り物もあるなど、さまざまな要素が入ったMMORPG。

ゲームとしての完成度は高く、ユーザーによる最近の評価は良好。

(以前は賛否両論。というより、ヘビーユーザーからは典型的なpay to winだと厳しい意見が多かった)

低スペックマシンでも動く模様。

PCは、DMM版のみ日本語対応(Steamは非対応)。PS4版も日本語に対応している。

【システム要件】

(Steam)

Windows Mac OS X

最低:
OS: Vista 32-bit Service Pack 2
プロセッサー: Intel Core i5-2XXX @ 2.0GHz / AMD Phenom II X4 @ 2.6GHz
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 3000 or better
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能
追記事項: Graphics driver: OpenGL 3.2 or DirectX 10.0

ドラゴンクエストビルダーズ2

プラットフォーム:Switch、PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:RPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り(税抜き) 通常版:7800円、追加DLC 第1弾第2弾パック付き(ダウンロードのみ):9700円
リリース状況:正式

▼動画 (クリア)

「ドラゴンクエスト」の世界観をベースとしたボクセル・サンドボックスRPGの第2弾。

全体的にブラッシュアップされ、新機能も追加。

NPCに建設の一部を任せられるようになった(自動化)。

前作の欠点だった視点の面では、ようやく一人称視点が導入された。

4人までのマルチプレイに対応。Switch版では、ローカル通信でも可能になっている。

他にも斜めブロックの追加、流れる水、高速ダッシュ、飛行、水中エリアなど、さまざまな追加要素がある。

ドラゴンクエスト ビルダーズ

プラットフォーム:Switch、PS4、PS3、PlayStation Vita
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:RPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語(海外向け英語版あり)
課金形態:売り切り Switch:4800円(税抜き)  アルティメットヒッツ版(税抜き) PS4:3800円、PS3:3480円、PS Vita:2980円  通常版 PS4:8424円、PS3:7344円、PS Vita:6264円(パッケージ、ダウンロード)
リリース状況:正式

『ドラゴンクエスト1』の世界を舞台にしたオーソドックスなサンドボックスゲームの第1作。

マイクラとは違い、明確なストーリー(シナリオ)があり、クリア目標が設定されている(ラスボスがいる)。

また、ドット絵ベースのマイクラとは異なり、グラフィックはきれい。

全体的に丁寧にわかりやすくつくられており、建物の「設計図」などもあって、サンドボックスゲームの初心者におすすめ。

PlayStationプラットフォームの「クロスセーブ」に対応。

視点に難がある(一人称視点にできない)のと、マルチプレイにまったく対応していないのが残念。ただし、他プレイヤーにデータの一部を公開する機能はある。

あとで、Nintendo Switch版と廉価版の「アルティメットヒッツ版」とが発売された。

Portal Knights

プラットフォーム:PC(Steam)、PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(PS4版:2人、オンライン4人まで)
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り Steam版:1480円 PS4ダウンロード版:2500円(税抜き)、パッケージ版:3000円(税抜き)
リリース状況:正式
システム要件:中

▼動画 (クリア)

見た目がきれいなサンドボックスゲーム。

ぶっちゃけ、全体的に『ドラゴンクエスト ビルダーズ』的な印象。RPG要素が強い。

プレイヤーキャラにはクラスが存在し、戦士・魔術師・レンジャー(弓使い)などを選べ、能力もカスタマイズできる。

基本、シングルプレイだが、4人までのマルチプレイも可能。

ワールドは、ランダムに自動生成される。

PS4版は、スパイクチュンソフトがローカライズを担当。

【システム要件】

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64bit Versions of Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: AMD Phenom(tm) 8450 Triple-Core Processor (3 CPUs), ~2.1GHz or Intel Core 2 Duo E8400 @ 3.0 GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Graphics: NVIDIA® GeForce GTX 470 (1Gb VRAM) / ATI Radeon TM HD 6870 (1Gb VRAM)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 8 GB 利用可能
サウンドカード: On Board

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64bit Versions of Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-8400, 4.0 GHz
メモリー: 12 GB RAM
グラフィック: Graphics: NVIDIA GeForce GTX 970, 4 GB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 8 GB 利用可能
サウンドカード: On Board

CardLife

プラットフォーム:PC
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り 2050円(Steam)
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:高

▼動画 (クリア)

「すべてのオブジェクトが段ボールでつくられている」という世界観のサンドボックスゲーム。

かならずしもボクセル(ブロック)単位で構築されているわけではなく、まさに段ボール(紙)を切り抜いたりするイメージでクラフトが可能。

武器などのアイテムやモンスターでさえ、落書きをするような感覚で輪郭をつくり、それをそのまま使うことができるなど、これまでのサンドボックスゲームとは一線を画す機能がある。

【必須スペック要件】

Operating System: Windows 7, 64 bit or above
CPU: Intel(R) Core (TM) i5 processor or AMD equivalent
Memory: 8 GB or more
Graphics Card: Nvidia GeForce GTX 750 TI or equivalent
HDD: 6 GB free space

LEGOワールド

プラットフォーム:PS4、Nintendo Switch
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(オンライン、オフライン)
言語:日本語、英語など(切り替え可能)
課金形態:売り切り PS4版:2980円、Switch版:3700円(パッケージ、ダウンロード共通)
リリース状況:正式
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

その名のとおり、レゴブロックをベースとしたサンドボックスゲーム。

エディタとしての機能が充実しているので、大規模なオブジェクトでも手軽につくれる。

乗り物やライドできる生き物が多彩など、サンドボックスゲームとして欲しい要素がひととおりそろっている印象。

「本家が出てきた」という感じだが、なぜかあまり評価は上がってこない。

海外版はSteamやXbox Oneでもリリースされているが、残念ながら日本からはアクセスできない。

キューブクリエイターDX

プラットフォーム:Nintendo 3DS
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(オンライン)
言語:日本語
課金形態:売り切り パッケージ版2800円(税抜き)、ダウンロード版1852円(税抜き)
リリース状況:正式
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

前作「キューブクリエイター3D」の新作。

ビルドに専念する「クリエイティブモード」、アクションゲームとしてのステージをつくれる「ステージビルダーモード」、冒険やクラフトを楽しむ「サバイバルモード」があるなど、機能が充実。

オンライン要素もあり、4人までのマルチプレイを楽しめる。

正統進化といえる作品。

キューブクリエイター3D

プラットフォーム:Nintendo 3DS(ダウンロードのみ)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り800円
リリース状況:正式

いっそ清々しいくらい、見た目もシステムも徹底的にMinecraftに似せている。正直、著作権的に大丈夫かと思えるくらい。

アクション時は主観視点、ビルド時は俯瞰視点と変えられる点が使いやすい。

日本ではアークシステムワークスがリリースしているが、海外のBig John Gamesが開発している。

ハコニワカンパニワークス

プラットフォーム:PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター、育成
ジャンル:SRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り パッケージ&ダウンロード:7538円
リリース状況:正式
リリース年

▼動画 (クリア)

ブロックゲームとしては珍しいシミュレーションRPG。

SRPGらしく、キャラの育成に「ジョブ」や「スキル」の要素などがある。

戦闘システムは、AP制。APが残っているかぎり、1ターン内に何度でも行動できる。

戦闘フィールドとは別に、自分の街をつくり上げていく。

Birthdays the Beginning

プラットフォーム:PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:環境SLG、(一部)サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り パッケージ版:6264円、ダウンロード版:5800円
リリース状況:正式
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

「生態シミュレーションゲーム」(環境シム)のブロック型サンドボックスゲーム。

ブロックを積んでいくのではなく、特定の地面を引き上げたり、押し下げたりしてフィールドをつくっていく。

あくまで生態SLGなので、かならずしも狙ったものがつくれるわけではない。

ゲームの目的は特定の生物を生み出すこと。フィールドを作り替えていくことで環境を変え、さまざまな生物が生まれるようにする。

水中生物から恐竜までさまざまな生物が生まれる可能性がある。

PCの育成要素はない。

Robocraft

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:クラフト
ジャンル:TPS
プレイスタイル:マルチプレイ
世界観:SF
言語:日本語・英語など
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:中

マイクラ的に自分の機体(ロボット)を自由につくり、それを使って戦い合うゲーム。

通常のシューターとは少し毛色は違うが、基本はTPS。

【必須スペック】

OS: Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
プロセッサー: Intel Dual Core or better with SSE2 support or equivalent AMD family
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Shader Model 3.0 Compatible GPU, DirectX 9.0c
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible
追記事項: Min Resolution 1024×768

TerraTech

プラットフォーム:PC(Steam:Windows/Mac/Linux)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:アクションゲーム+サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り1,980円
リリース状況:アーリーアクセス

さまざまな乗り物をみずからつくり、それを操作して敵と戦っていくアクション・シューティングゲーム。

世界観はSFで、未知の惑星を探索していく。

基本的に敵の基地を攻撃して領地を広げ、資源を奪い、マシンを強化していくことがプレイサイクルになる。

【システム要件】

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-bit
プロセッサー: Intel Core2 Duo T7600 @ 2.33GHz or AMD Athlon 64 FX-60 Dual Core
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce 520M or Intel HD 4000
DirectX: Version 11
ストレージ: 1 GB 利用可能
追記事項: Three-button mouse strongly recommended. Spec may be subject to revisions during Early Access.

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-bit or newer
プロセッサー: Intel Core i5 750 @ 2.67GHz or AMD Phenom II X4 945
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 260 or ATI Radeon HD 5670
DirectX: Version 11
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Three-button mouse strongly recommended. Spec may be subject to revisions during Early Access.

Roblox

プラットフォーム:PC(Windowsアプリ)、Android、iOS(iPhone/iPad)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、ミニゲーム、プログラミング
ジャンル:サンドボックスゲーム、メタバース
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語・英語など
課金形態:基本無料
リリース状況:正式

▼動画 (クリア)

マイクラを一種のメタバース(ユーザー間で共有される仮想世界)にしたようなゲーム。

ゲームというよりも、一世を風靡した「Second Life」のように仮想空間でさまざまなものを構築し、他のプレイヤーとのコミュニケーションを楽しむサービスになっている。

「Roblox Studio」というPC向けツールを使ってLuaスクリプトでプログラミングすることで、Roblox向けの独自ゲームをつくることも可能。

中にはマイクラ風のものや、FortNite風の「Roblox Island Royale」なども存在する。

グラフィックに関してはボクセルベースではなく、サイズを変更可能ないろいろな形の積み木を組み合わせていくイメージ。

そのため、マイクラやレゴのような感覚でつくるのとは異なり、それなりに3Dの知識やデザインセンスが問われる。

この辺も、Second Lifeに近い印象。

また、自作のゲームで課金することも可能で、クリエイターがマネタイズすることができるようになっている。

2018年ごろに日本語に対応するようになった。

Space Engineers

プラットフォーム:PC(Steam:Windows)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語など(日本語非対応)
課金形態:売り切り2,480円
リリース状況:アーリーアクセス

▼動画 (クリア)

SFの世界観で、宇宙船、宇宙ステーションなどをつくり、冒険するサンドボックスのサバイバルゲーム。

基本的にグリッドに合わせる形で、マイクラ的にブロックを積むように構築することができる。

【システム要件】

最低:
OS: Microsoft Windows 7 (latest SP) 64-bit
プロセッサー: Intel i5 @ 3.0 GHz or higher (or AMD equivalent)
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Geforce 750/Radeon R9 270X or higher
DirectX: Version 11
ストレージ: 25 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX® compatible on-board
追記事項: No internet connection needed for single player, but for multiplayer we recommend 5Mbit/s or more

推奨:
OS: Microsoft Windows 7 (latest SP) 64-bit
プロセッサー: Intel Quad Core i7 @ 4.5 GHz or higher (or AMD equivalent)
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: Geforce 1070 GTX / Radeon RX Vega 56 or higher
DirectX: Version 11
ストレージ: 25 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX® compatible on-board
追記事項: No internet connection needed for single player, but for multiplayer we recommend 5Mbit/s or more

Block N Load

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス

フィールドを自分で構築できるFPS。

基本無料のオンラインゲームだが、シングルプレイも楽しむことができる。

FPSとしてはシンプルなので、飽きやすいという声も。

【システム要件】

最低:
OS: Windows Vista, 7 (SP1 required) & 8
プロセッサー: Dual Core CPU 2.0 GHz (Intel Core 2 Duo or Athlon X2) or better
メモリー: 3 GB RAM
グラフィック: Dedicated graphics card (NVidia GeForce 8800 GT or better)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

推奨:
OS: Windows Vista, 7 (SP1 required) & 8
プロセッサー: Quad Core CPU 2.0 GHz (Core i5) or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Dedicated graphics card (GeForce GTX 650 / AMD Radeon HD 7770 series or better).
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

Creativerse

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

見た目のきれいなサンドボックスゲームのMMORPG。

Portal KnightsやドラゴンクエストビルダーズをMMOにしたような印象。

Cubic Castlesよりおすすめか?

【システム要件】

Windows Mac OS X

最低:
OS: 64-bit Windows Vista SP2, 64-bit Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q6600, 2.4 GHz / AMD Phenom II X4 920 Quad-Core 2.8 GHz or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 8800/ ATI Radeon HD 2900XT
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Requires internet connection and 64-bit OS to play. Please refer to the FAQ for more details.

推奨:
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-750, 2.67 GHzj / AMD Phenom II X4 945, 3.0GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 460 / Radeon HD 5850
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Requires internet connection and 64-bit OS to play. Please refer to the FAQ for more details.

Cubic Castles

プラットフォーム:PC(Steam/独自クライアント):Windows、Mac(独自クライアント)、Android、iOS(iPhone/iPad)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

オーソドックスなタイプのMMORPG。

見た目はほどほどだが、ビルド・クラフト要素などサンドボックスゲームとして一通りの要素はそろっている。

低スペックのマシンでも動く。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Core 2 Duo or higher. Athlon 64 or higher
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 1024×768, DirectX 10
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 50 MB 利用可能

Blockstorm

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

フィールドもキャラも武器までも、すべてブロックでつくることができる。

本当にいろいろなことができるので、評価の高いサンドボックスFPS。

一部、ゲームパッドに対応している。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows XP with SP2 or later
プロセッサー: Intel Core 2 Duo
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce 8600M GT
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 200 MB 利用可能
追記事項: With the minimum configuration, disable dynamic shadows and effects

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core i3
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce GTX 550 ti
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 512 MB 利用可能

Angeldust

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:低

▼動画 (クリア)

マップがサンドボックスの3Dで、キャラクターが2Dという、少し不思議な雰囲気のサンドボックスゲーム。

MMOを前提としたゲームになっている。

見た目が比較的きれいなのに、低スペックのマシンでも動く。

Avorion

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、採掘
ジャンル:アドベンチャー
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
世界観:SF
言語:英語・ドイツ語(日本語非対応)
課金形態:1,780円(Steam)
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

▼動画 (クリア)

宇宙船や宇宙ステーションをみずから構築していくSFゲーム。

基本はブロック(直方体)単位だが、各ブロックのサイズを変更することができる。

【システム要件】

Windows SteamOS + Linux

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 or higher
プロセッサー: Dual Core CPU
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: A graphics device that supports OpenGL 3.0 or higher.
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 600 MB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 or higher
プロセッサー: Quad Core CPU
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: A graphics device that supports OpenGL 4.5.
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能

Trailmakers

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:クラフト
ジャンル:アドベンチャー
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
世界観:SF
言語:英語(日本語非対応)
課金形態:19.99ドル
リリース状況:未定
システム要件:中

▼動画 (クリア)

乗り物を自分でつくってオープンワールドのフィールドを探検し、最終的に世界の果てを目指すアドベンチャーゲーム。

飛行機もつくることができるが、現状、海(水上)の乗り物はない模様。

細かいカスタマイズが可能だが、基本はブロック単位(グリッド)で構築していく。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7 64 Bit
プロセッサー: i5-4440 (3.1 GHz quad-core)
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GTX 660
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 5 GB 利用可能

Planet Nomads

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、サバイバル(開拓)
ジャンル:アクションゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
世界観:SF
言語:英語など(日本語非対応)
課金形態:1980円
リリース状況:正式
システム要件:中

▼動画 (クリア)

リアルなグラフィックのサンドボックスゲーム(サバイバルゲーム)。

基本はブロック単位で編集していく。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Win 7 – 64bit
プロセッサー: Intel i3-6300 or AMD FX 6300
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 560 Ti / AMD R7 260x
DirectX: Version 11
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible
追記事項: Planet Nomads is still in development and system requirements may change.

推奨:
OS: Win 10 – 64bit
プロセッサー: i5 4690 / Amd FX 8370
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 960 / AMD R9 280x/380
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible
追記事項: Planet Nomads is still in development and system requirements may change.

Colony Survival

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター、育成
ジャンル:建設SLG、ストラテジー(タワーディフェンス)、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(オンライン)
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り 1980円
リリース状況:アーリーアクセス
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

町をつくって、襲い来るゾンビを撃退していくゲーム。

マイクラとの決定的な違いは、NPCに作業を分担させることができること。

2017年7月現在、ゲームとしてはまだまだな部分がある。

StarMade

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り1480円
リリース状況:アーリーアクセス(アルファ)
システム要件:低

▼動画 (クリア)

珍しいSFのブロックゲーム。宇宙船をブロックでビルドできる。

低スペックのマシンでも動くように開発されている。

Javaが必要。

Gunscape

プラットフォーム:PC(Steam:Windows, Mac, SteamOS+Linux)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

フィールドもキャラも武器までも、すべてブロックでつくることができる。

本当にいろいろなことができるのサンドボックスFPS。

一部、ゲームパッドに対応している。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows XP
プロセッサー: SSE2 instruction set support.
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: DX9 (shader model 3.0) capabilities
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 500 MB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Snow Leopard 64-bit or newer
プロセッサー: Intel Core i5 750 @ 2.67GHz or AMD Phenom II X4 945
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 260 or ATI Radeon HD 5670
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Three-button mouse strongly recommended. Spec may be subject to revisions during Early Access.

Ace of Spades: Battle Builder

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:1480円
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

【システム要件】

Windows Mac OS X

MINIMUM:
OS: Windows XP with SP3 / Vista / 7
Processor: 2.4 GHz Intel Dual Core Processor or AMD equivalent
Memory: 2 GB RAM
Hard Disk Space: 500 MB free
Graphics: 800 x 600 Minimum Resolution, OpenGL 2.0 Support or better.
Video Card: Recommend use of dedicated graphics card (GeForce 6800 GT or higher, Radeon X1600 or higher, Intel Graphics version GMA 4500 or higher with 128 MB of dedicated RAM. Laptop/Mobility cards will vary.
DirectX: 9.0
Other Requirements: Broadband Internet connection

RECOMMENDED:
OS: Windows XP with SP3 / Vista / 7
Processor: 2.6+ GHz Intel Quad Core Processor or AMD equivalent
Memory: 4 GB RAM
Hard Disk Space: 500 MB free
Graphics: 800 x 600 Minimum Resolution, OpenGL 2.0 Support or better.
Video Card: GeForce GTX460 dedicated graphics card or AMD equivalent
DirectX: 9.0
Other Requirements: Broadband Internet connection

BLOCKADE 3D

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス(2014年11月~)
システム要件:低

フィールドをブロックでつくることができる。

4チーム最大32人まで同時バトルが可能。

かなり低スペックのマシンでも動く。

グラフィックは、マイクラ以上に大雑把な印象。

2014年11月からずっとアーリーアクセスのまま……

【システム要件】

最低:
OS: Windows XP,7
プロセッサー: Pentium 4 2000MHz
メモリー: 1024 MB RAM
グラフィック: GeForce 5700
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 300 MB 利用可能
サウンドカード: any

推奨:
OS: Windows XP,7
プロセッサー: Core i5
メモリー: 2048 MB RAM
グラフィック: GeForce 250GTS
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 300 MB 利用可能
サウンドカード: any

Blockland

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り980円
リリース状況:正式
システム要件:低

2007年リリースの古いゲームだが、けっこういろいろなことができる。

ただ、サーバはあまり安定していない模様。

Minecraft: Story Mode

プラットフォーム:PC(Steam、Windowsアプリ)、iOS、PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語、英語など
課金形態:基本無料 Windowsアプリ・iOSのみ
売り切り
Steam 2480円
PS4 パッケージ版 2980円(税抜き)
PS4 ダウンロード版 580円
リリース状況:正式
システム要件:低

本家マインクラフトのストーリー版。

マイクラをベースとしたアドベンチャーゲームになっている。

『シーズン2』(S2)のシリーズすべてをまとめたパッケージ版が、PS4向けにのみリリースされている。

日本語に対応しているのは、PS4版とiOS版のみ。

基本有料ではあるが、Steamではエピソード1を無料で提供中。

マイクラ似のゲーム

マイクラ似のゲーム、いわゆるクローンゲームの中にはマルウェア(悪意のあるソフトウェア)もあったりするので注意。

以下では、比較的安全と考えられるものを紹介(といってもプレイは自己責任で)。

【チェックポイント】
・オープンソースか
・審査が厳しいAppleのApp Storeに掲載されているか
・法人か
・知名度が高いか
・開発スタッフが誰なのかはっきりしているか

Minetest

プラットフォーム:Android、Windows、Mac、Linux
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語など(設定画面のみ日本語対応)
課金形態:完全無料
システム要件:低

▼動画 (クリア)

完全無料でかつオープンソースのボクセルベース・サンドボックスゲーム(ブロックゲーム)。

くわしくはこちら。

初期状態では簡単なビルドとクラフトしかできないものの、Modを追加していくことで機能を増やせる。

必要なModを入れていけばマイクラと遜色ないが、はるかに軽快に動作する。

Survivalcraft

プラットフォーム:Android、iOS、
Windows 10、Windows 8.1、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:英語
課金形態:有料 Microsoft Store 500円
Google Play・Amazonアプリストア 399円
Apple App Store 480円
システム要件:中

▼動画 (クリア)

通称「サバクラ」。

基本有料である分、全体的にしっかりとしており、ブロック系のサバイバルゲームに必要な要素は一通りそろっている印象。

世界観はマイクラより、ややリアル寄り。

体験版の『Survivalcraft Demo – Google Play のアプリ』や新作の『Survivalcraft 2』もある。

# 似たような名前のアプリが乱立しているので要注意。

Survivalcraft 2

プラットフォーム:Android、iOS、Mac、Linux
Windows 10、Windows 8.1、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:有料
Microsoft Store 470円
Google Play 420円
Amazonアプリストア 469円
Apple App Store 480円
システム要件:中

▼動画 (クリア)

Survivalcraftの新作。

基本的には似たような内容だが、画面分割のマルチプレイに対応など新要素もある。

RealmCraft

プラットフォーム:Android、iOS、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1、PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:基本無料、Steam版310円
リリース状況:正式
開発元:Tellurion Mobile(法人:ロシア)

典型的なマイクラクローン。

グラフィックもシステムも比較的よくできていて、基本無料でもあるので、とりあえずマイクラ的ゲームを手軽に楽しめる。

レッドストーンから釣り要素まで、マイクラにある機能の大半が存在する。

ただ、操作性の悪さなど、元祖の悪いところまで似てしまっているのがやや残念。

無料ゆえに広告表示があるが、課金要素で消すことができる。

この提供元は他先史時代をモチーフと世界観の「RealmCraft」、恐竜時代の「DinoCraft Survive」など、一部スキンやアイテムを変えただけのような同種のものを乱発している。

念のため実際にプレイするのは、Apple App StoreにあるRealmCraftかPrimalCraftだけにしておいたほうがいいだろう。

タイトルにある「Skins Export to Minecraft」というのは、このゲームのキャラクタースキンをマイクラ向けに出力する機能があるという意味。

【問題点】

・全画面広告が頻繁に出る

途中で消せるものの、プレイ中でも唐突にやってくる。よほど気の長い人でないかぎり、耐えるのは難しい。

実質的にまともなプレイが難しいので、どうしてもこのタイトルをプレイしたい人は素直に有料版を買ったほうがいいだろう。

・夜、画面が暗すぎる+明かりがつかない

夜、画面が暗すぎて見えづらい場合があるが、設定で明るさ調整ができない。

また特定環境下で、たいまつなどを設置しても明るくならないなどの問題点も。

無人島漂流者サバイバル:ロストキューブパラダイス 探査(Survival Island Build Craft)

プラットフォーム:AndroidiOS
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
開発元:Tiny Dragon Adventure Games

” alt=””>

マイクラ似のサバイバルゲーム。島で生き残るために活動していく。

ビルド、クラフトなど一通りの要素はそろっている。

ブロック系に近いサンドボックスゲーム

Craft The World

プラットフォーム:PC(Steam)、Mac(App Store)
表示タイプ:2D
要素:ビルド、クラフト、マイニング
ジャンル:RTS、サンドボックスゲーム
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り Steam:1880円
リリース状況:正式

横スクロールのRTS。

単にフィールドや地下を探索できるだけでなく、拠点の構築もできる。

【システム要件】

Windows Mac OS X

最低:
OS: Windows XP or later
プロセッサー: 2.0 GHz Dual Core CPU
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: Intel Graphics
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 200 MB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7 or later
プロセッサー: 2.4 Ghz Dual Core CPU
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 512 MB graphics memory (Radeon HD 4600, GeForce 8600)
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 200 MB 利用可能

テラリア

プラットフォーム:PC(Steam)、PS4、PS3、PlayStation Vita、3DS
表示タイプ:2D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り Steam:980円
リリース状況:正式

ブロック単位のゲームというわけではないが、2Dのサンドボックスゲーム。

横スクロールのアクションゲームとして戦闘に重きを置いている。

2Dであるのと見た目がドット絵なので、好き嫌いが比較的はっきり分かれるゲーム。

Astroneer

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム、サバイバルゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り1980円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

▼動画 (クリア)

ブロック(ボクセル)単位ではないが、変形の自由度が比較的高いサンドボックスゲーム。

複数ある惑星を開拓し、資源を集め、さまざまなものをつくっていく。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7 (64 Bit のみ), Windows 8 (64 Bit のみ), Windows 10 (64 Bit のみ)
プロセッサー: X64 Dual Core CPU、2+ GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 1 GB VRAM搭載のディスクリートGPU
DirectX: Version 11
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: Any
追記事項: Internet connection required for online multiplayer

推奨:
OS: Windows 7 (64 Bit のみ), Windows 8 (64 Bit のみ), Windows 10 (64 Bit のみ)
プロセッサー: X64 Quad Core CPU、3+ GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: 2 GB VRAM搭載のディスクリートGPU
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: Any

Scrap Mechanic

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り1980円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

▼動画 (クリア)

ブロックゲームに近いサンドボックスゲーム。

ライトな雰囲気のグラフィックが美しく、建物や乗り物のビルドなどができる。

アーリーアクセスだが、評価の高いタイトル。

のちに日本語にも対応した。

ただ、3年以上もアーリーアクセスのまま。

【システム要件】

最低:
OS: Microsoft Windows Vista (SP1)
プロセッサー: 2.6 GHz Dual Core
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 220 / ATI Radeon HD 3870 or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能

推奨:
OS: Microsoft Windows 7 (latest SP) or later
プロセッサー: Intel Core i5 @ 2.8 GHz (or AMD equivalent)
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660 / AMD Radeon HD 7870 or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能

Force of Nature

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
言語:日本語・英語など
課金形態:820円
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

季節が移ろいゆく自然の中で探検やビルドを楽しむサバイバルゲーム。

農業やクラフト要素も。

ブロックを置いていくような手軽さで、施設や内装のビルドを行うことができる。

拠点をモンスターが襲ってくるので、それから身を守るタワーディフェンス的な側面もある。

他のサンドボックスゲームとは異なり、見下ろし視点のため全体を把握しやすい。

この手のゲームでは珍しく、テキストだけでなく音声も日本語に対応している。

【システム要件】

最低:
OS: Windows XP, Vista, 7, 8/8.1, 10
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: 256 Mb Video Memory, Shader Model 3.0
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 200 MB 利用可能

推奨:
OS: Windows XP, Vista, 7, 8/8.1, 10
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: 512 Mb Video Memory, Shader Model 3.0
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 200 MB 利用可能

Empyrion – Galactic Survival

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り1780円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

ブロック系というわけではないが、サンドボックスゲームとして必要な要素が一通りそろっているSFゲーム。

リアルなグラフィックが特長で、ユーザーがつくれるものも他のサンドボックスゲーム以上に美しくできる。

現状、リアル系としては最高クラスかも。

Eco – Strange Loop Games

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、農業、釣り、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム、環境シム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り3,090円
リリース状況:アーリーアクセス
リリース日:2018年2月7日
システム要件:低

▼動画 (クリア)

デフォルメされたグラフィックながら、質感のいいサンドボックスゲーム。

ただしビルドでは、ブロックを積み上げていくタイプのものではなく、範囲を設定してあらかじめ定められたものを構築していく。

サンドボックスゲームとオープンワールド、そして環境シムが融合したようなゲーム。

隕石の衝突を防ぐために、自然を守りつつ文明を発展させていくことが目的。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Dual-Core 2.4 GHz or AMD Dual-Core Athlon 2.5 GHz
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GT 440 or AMD Radeon HD 5850 or Intel HD Graphics 4000 with 512 MB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®-compatible

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core i5-2300 or AMD Phenom II X4 940 or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 570 or AMD Radeon HD 7750 with 1 GB VRAM or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®-compatible

Istrolid

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:2D
要素:ビルド
ジャンル:RTS
言語:英語
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

珍しい見下ろし視点(トップビュー)のシューティング系SF RTS。

各機体をマス(正方形)の単位でみずから構築してつくり上げていく。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: 32-64bit
メモリー: 1 GB RAM

8BitMMO

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:2D
要素:ビルド
ジャンル:MMORPG、サンドボックスゲーム
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

見下ろし視点(バードビュー)のサンドボックスゲーム。

ユーザーコミュニティは非常に大きいが、全体の評価はいまひとつ。

グラフィックは2Dのドット絵で、お世辞にもクオリティが高いとはいえない。

低スペックマシンでも動く。

Stonehearth

Steam

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、サバイバル
ジャンル:運営シミュレーション(SLG)
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り2480円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:低

▼動画 (クリア)

SLGとしての町づくりゲーム。ただし、ビルド、クラフト、サバイバル(戦闘)といった要素は一通りそろっている。まさに、マイクラを運営SLG(ストラテジー)にしたようなゲーム。

ブロックゲーム的なのは見た目のみだが、キャラがさくさく動き、UIを含めたグラフィックが美しい。

ビルドはブロックをひとつひとつ組み上げるものではなく、全体を大まかに指定してそれをNPCが組み立てていく形になる。

地形は毎回ランダム生成される。

あくまでSLGなので、戦闘もNPCが行う。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7/8/8.1/10 (32-bit or 64-bit)
プロセッサー: Intel or AMD Dual-Core, 2.0 GHz+
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce 200 512MB, Radeon HD 3450 512MB, Intel HD 3000
ストレージ: 500 MB 利用可能
追記事項: OS Updates: Windows 7 SP1

推奨:
OS: Windows 7/8/8.1/10 64-bit
プロセッサー: Intel or AMD Quad-Core, 2.6 GHz+
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce 560 1024MB or better, AMD Radeon HD 7790 1024MB or better
ストレージ: 500 MB 利用可能
追記事項: OS Updates: Windows 7 SP1

ボクセルエディタ

以下は、ブロック(立方体)単位で3Dモデルを構築していくツールについて。

自作ゲームのモデル制作のほか、人気の『VRChat』などのアバター用に使える。

MagicaVoxel

プラットフォーム:PC(Windows、Mac)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:正式

▼動画 (クリア)

完全無料とは思えない、高性能ボクセルエディタ。営利目的の利用でもフリー。

マイクラ的に手軽なモデリングができるだけでなく、レンダリング(静止画の描き出し)にも対応。

一部マテリアルの設定をすることができ、発光・メタル(金属質)・ガラス(透過)、さらにGI(Global Illumination)もある。

現在も継続的に開発が進められている。

ただし最大サイズは、縦横高さ126ブロックまで。けっこう小さいのが玉にきず。

また、公式サイトでは使い方の説明がほとんどないので、みずから手探りで進めるか、有志が公開しているチュートリアルを参考にやっていくしかない。

なお、OpenGLを利用しているので、それに対応した環境でないと動かない。Windows 10はなぜか標準のOpenGLドライバがないので、ハードウェア自体がOpenGLに対応し、そのドライバをインストールしてある必要がある。グラフィックカードを導入しているのなら、ほとんどの場合大丈夫。

VoxelShop

プラットフォーム:PC(Java対応環境:Windows、Mac、Linux)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:アルファ

オープンソース(Apache 2.0)のボクセルエディタ。

基本的な機能のほか、面にテクスチャを張る機能もある。

将来的には、リグによるアニメーションに対応予定。

Voxel Builder

プラットフォーム:PCブラウザ
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:正式

ブロック単位で3Dオブジェクトを構築する無料のエディタ。ブラウザベース。

似たようなエディタは「voxel editor」で検索すると、無数に出てくる。

Cubik Studio

プラットフォーム:PC(Windows 7以降、Mac、Linux: Ubuntu 12.04以降)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:19.90ユーロ(約2,520円)
リリース状況:正式

▼動画 (クリア)

非常に多くのフォーマット、ゲームなどに対応した多機能ボクセルエディタ。

MagicaVoxelなど他のエディタのファイル形式に対応するだけでなく、MinecraftやStonehearthといったゲーム向けにも出力することができる。

UVマッピングの設定ができるところが他のエディタにないところ。

有料のエディタを使うなら、低価格で多機能なこちらがおすすめ。

【システム要件】

OS: Windows 7/8/10, Mac OS X 10.8+ or Linux (Ubuntu 12.04+)
CPU: SSE2 instruction set support
Graphics: DX9 (shader model 3.0), DX11 (level 9.3 capabilities), OpenGL 3.3+
Internet connection required at launch for the software to operate correctly

Qubicle Voxel Editor

プラットフォーム:PC(Steam、Windows、Mac)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:20~175ドル
リリース状況:正式

有料だけあって多機能なボクセルエディタ。

Unity向けのモジュール(別料金)が提供されているなど、ゲームとの親和性が高い。

ただし、ライセンス体系が複雑。最安のBasic版は20ドルだが、営利目的で使えるのはインディーズのみ。

もし趣味で手軽に使いたいのなら、MagicaVoxelで十分だろう。

Zoxel

プラットフォーム:PC(Windows、Linux)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:正式

オープンソース(GPL v.3)のエディタ。

残念ながら、2014年で開発が止まってしまっている。

評価

今となっては、マイクラ的ブロックゲームもけっして珍しいものではなくなった。

現状、玉石混淆といった感じだが、非常に魅力的なものも多い。

あと、基本無料や低価格のゲームがほとんどなので、気軽に始められる。

日本語対応していないものが多いのは残念だが、内容はシンプルなものが多いのでたいした問題にはならないだろう。

05. 5月 2019 by takasho
Categories: ゲーム | Tags: |

Windows 10でのプライバシー保護対策:個人情報保護のために【まとめ】

Windows 10をデフォルトの状態で使いつづけていたり、うっかり設定を間違えていたりすると、さまざまな個人情報・使用履歴などをどんどんマイクロソフトに自動的に送信している場合がある。

場合によっては、企業秘密にかかわることを送信してしまっていることもあるので、個人だけでなく組織にとっても問題になる。

そのため、特段の理由がないかぎり、以下の設定を初めからしておいたほうがいい。

そうした自動送信を手動でオフにする方法を以下で紹介。

システム内部のセキュリティ

以下はまず、OSや各種アプリが行う個人情報の収集・送信をやめさせる方法について。

Cortanaに要注意

Cortanaはユーザー向けのアシスタント機能だが、基本的にそれを使うたびにデータを収集し、テキスト・音声検索の内容をマイクロソフトの検索サービス「Bing.com」へと送信している。

このCortanaそのものを完全に機能停止することはできない

そのため、Windows 10の各種設定を変更していくことで実質的にプライバシーを守るようにする必要がある。

音声認識、手書き入力、入力の設定

基本的に、上記のCortanaに入力したデータにかかわること。

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>音声認識、手書き入力、入力の設定

特に音声認識に関しては、マイクロソフトのクラウド上にあるデータを活用するため、これをオフにするとデータが勝手に送信されないかわりに、基本的に音声認識の機能そのものが使えなくなる。

また、タイピング、手書き入力用のユーザー辞書がクリアされてしまう。

タイピング、手書き入力用のデータ

上記のとおり、音声認識ではクラウドのデータを利用するので、それを使う以上はユーザーデータの送信がかならず行われる。

ただし、タイピング、手書き入力用のデータに関しては、このスイッチで自動的な送信をやめさせることができる。

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>診断 & フィードバック>手書き入力とタイプ入力の認識精度を上げる

つまり、音声認識を使わないのであれば、入力データに関してはCortanaを使いつづけても大きな問題はない。

エクスペリエンス調整

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>診断 & フィードバック>エクスペリエンス調整

Windows 10にはOSの状態を確認する診断機能があるが、広告やヒントの表示をユーザーに合わせるためにこの診断結果をマイクロソフトへ提供するということ。

「送信する」という明示的な言葉はないが、マイクロソフトに情報を提供することには変わりない。

長く使っていてもほとんど効果を感じられないような機能なので、オフにしてしまってかまわないだろう。

診断データと使用状況データ

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>診断 & フィードバック>診断データ

上記診断機能によって収集されたデータを、どこまでマイクロソフトに送信するかの設定。

「基本」でも端末(デバイス)関連の情報、Windows 10の設定などの情報が提供され、「完全」ではこれに加えてウェブの閲覧履歴、アプリの利用状況、さらには端末の利用状況と かなりの個人情報を送信してしまう。

無理に「完全」にする必要はどこにもない。

「プライバシー」設定

設定画面に「プライバシー」の項目があるが、プライバシーを守るためというより、マイクロソフトに個人情報・使用履歴を送信する機能を許可するための設定になっている。

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>プライバシー オプションの変更

以下のスイッチをオフにする。

アプリの使用状況に~

要するに、マイクロソフトが配信する広告をWindowsユーザー(あなた)の好みに合わせたいから、ユーザー固有のIDを自動的に割り当てることで、アプリの使用状況を追跡・収集し、かつそれをビジネスに使わせろ、という意味。

Windows 10は有料のOSなのに、設定によってはスタートメニューや検索結果に広告が表示されることがある。

基本的にウェブ広告の仕組みと同じなので、それを気にしない、もしくは広告は自分の好みに合っていたほうがいいという人はともかく、そうでないならオフしておいたほうがいいだろう。

Windows 追跡アプリの~

これはあくまでOSのスタート画面と検索結果をカスタマイズするためのもので、かならずしも個人情報が送信されるとは限らないが、マイクロソフトが公開している情報が不足がちで、実際のところどうなのかわかりづらい。

スタート画面と検索結果の自動カスタマイズが必要ないなら、オフにしておいたほうがいいだろう。

アプリの診断

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>アプリの診断

現在、ユーザー(あなた)が使っている各種データを、各アプリが取得するのを認めるかの設定。

「診断」という名がついているが、端末のセキュリティなどに関する実際のOSが行う自動診断のデータのことではなく、どうやらアプリ側が端末を診断=見極めるための機能らしい。

ユーザーのアカウント名や端末のハードウェア情報が、各アプリに提供されることになる。

おそらくスマートフォンと同じで、アプリがその環境で動作するかチェックするための機能と思われる。

つまり、提供した情報がどのように使われるかは、各アプリの製作者の思惑しだい。

これをオフにしてもほとんどの場合、問題は出ないので完全に停止してしまってもいいだろう。

オンにする場合も、アプリごとに許可/不許可の設定が可能なので、必要最小限にしたほうがいい。

位置情報

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>位置情報

基本的にモバイル向けの機能のため、デスクトップPCの場合はほとんど必要ない。

カメラ

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>カメラ

これもPC、特にデスクトップではめったに使わない機能。

ウイルスに感染するなどして不正アクセスを受けると、実際にカメラを使って盗み見られてしまうことがある。

またそうでない場合でも、アプリの開発者が悪意を持っていた場合、悪用される危険性がある。

本当に必要な場合のみオンにするようにしよう。

マイク

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>マイク

上記カメラと同様の理由で危険。

連絡先

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>連絡先

各アプリに「連絡先」の内容へのアクセスを認めるかどうか。

Windowsで「連絡先」を使っている人は多くはないだろうが、注意するにこしたことはない。

カレンダー

タスクバーの隅にあるWindowsメニューアイコンをクリック>「設定」(歯車のアイコン)をクリック>プライバシー>カレンダー

各アプリに「カレンダー」の内容へのアクセスを認めるかどうか。

Microsoft IMEの変換履歴

意外と見落としがちなのがこれ。

ただし、「Google 日本語入力」などを使っていて、OS標準のMicrosoft IMEを使っていない場合は以下の内容は関係ない。

言語バー/タスクバーのIME部分(「あ」「A」が表示されているところ)を右クリック>誤変換レポート>設定>「誤変換データを自動的に送信する」チェックボックスをオフに

Windows 10デフォルトのIMEでは、誤変換レポートの機能がある。

変換精度を高めるためにマイクロソフトが収集しているものだが、誤変換の内容がプライバシーや企業秘密にかかわることであっても、それを送信してしまっていることになる。

デフォルトの設定では「自動送信」はオフになっている。

なお、自動送信をオフにしていても、「誤変換の履歴をファイルに保存する」の設定をオンにしていると、それをマイクロソフトへ送信するか問うOSの「通知」が来てしまう。

その場合は、上記の画面で「誤変換の履歴をファイルに保存する」チェックボックスをオフにすることで、通知も来なくなる。

29. 4月 2019 by takasho
Categories: IT | Tags: |

【まとめ】基本無料のおすすめ本格的シューター一覧:PCゲームのFPS・TPS

【まとめ】基本無料のおすすめ本格的シューター一覧:PCゲームのFPS・TPS

【2019年4月18日更新】タイトル追加・一部修正

ここでは、パソコンで遊べる基本無料のシューター=FPS・TPSのシューティングゲーム(STG)について取り扱う。

日本でよくあるアクションゲーム的なものや、スナイパーオンリーのもの、また昔からあるリニア型のガンシューティングや敵をロックオンするタイプのゲームは排除してある。

Modern Combat Versus

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS
ジャンル:SF、アリーナシューター
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:OK?(iPhone版は公式対応)
対応言語:日本語、英語など
プラットフォーム:Steam(海外のみ)、Windowsアプリ、Android、iOS

スマートフォンで大人気の、モダンコンバット最新作。

前作までの現代ミリタリー調から一転してSFになり、システムもアリーナシューターとしてチームプレイ(マルチプレイ)前提となった。

システム必要条件

最小
この製品を実行するには、デバイスが最小要件をすべて満たしている必要があります
OS Windows 10、Windows 8.1
アーキテクチャ x86
DirectX Version 10
メモリ 4 GB
ビデオ メモリ 指定されていません
プロセッサ Intel(R) Core(TM) i3 CPU @ 2.93GHz
グラフィックス Intel(R) HD Graphics 4000, Intel(R) HD Graphics 5500, Intel(R) HD Graphics 510, Intel(R) HD Graphics 515, AMD Radeon(TM) R4 Graphics, AMD Radeon(TM) R5 Graphics

おすすめ
最適なエクスペリエンスを実現するには、デバイスがこれらの要件を満たしている必要があります
OS Windows 10、Windows 8.1
アーキテクチャ x86
DirectX Version 11
メモリ 4 GB
ビデオ メモリ 1 GB
プロセッサ Intel(R) Core(TM) i5 CPU @ 3.10GHz
グラフィックス Intel(R) HD Graphics 520, Intel(R) HD Graphics 530, Intel(R) HD Graphics 620, Intel(R) HD Graphics 630, NVIDIA GeForce GT 730, NVIDIA GeForce GTX 750 Ti

Fortnite

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS(バトルロイヤル、サンドボックスゲーム)
ジャンル:現代
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Windows、Mac、PS4、Xbox One

いわゆるPUBGライクなバトルロイヤル系では珍しい、マイクラ的なビルドやクラフトの要素があるサンドボックスゲームのようなシューター。

自分で砦や櫓を組み立て、陣地を固めるような戦い方も可能。ビルドそのものはさくさく進められる。

基本的に高い位置を確保したほうが有利。

元々は有料ゲームだったものが無料化された。

グラフィックは、ややライトな雰囲気。

必要スペック要件

Minimum System Requirements:
Intel HD 4000
Core i3 2.4 Ghz
4 GB RAM
Windows 7/8/10 64-bit + Mac OSX Sierra

Recommended System Requirements:
Nvidia GTX 660 or AMD Radeon HD 7870 equivalent DX11 GPU
2 GB VRAM
Core i5 2.8 Ghz
8 GB RAM
Windows 7/8/10 64-bit

荒野行動 KNIVES OUT

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS
ジャンル:現代リアル、バトルロイヤル
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:OK?(iPhone版は公式対応)
対応言語:日本語

オープンワールドのフィールドで100人が生き残りをかけて戦う、有料のゲーム「PUBG」によく似たバトルロイヤル系のゲーム。

日本でのユーザー数が圧倒的に多いため、おそらくどの環境でも今、最も手軽に楽しめる。

スマホゲーム版がベースなだけあって、全体的に初心者向けに調整されている印象で、比較的ロースペックのマシンでも動く。

バトルロイヤル系のゲームとして必要な要素はひととおりそろっており、開発のペースは速く、新要素・新マップなどが次々に追加されている。

今後、パソコン向けに特化したリメイク版「荒野行動Plusが登場予定。

中国NetEase社が提供。

問題は、PUBGに似すぎていてその運営元から提訴されてしまったこと。今後の展開は不透明。

モダンコンバット5:マルチプレイ eスポーツ シューティングゲーム

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり(ストーリー)
プレイ動画の配信:OK

とりあえず手軽にシングルプレイを楽しみたいなら、これ。Windowsアプリのため起動が速く、セキュリティ的にも安心。

元々は「Modern Combat 5: Blackout」という名称で、スマートフォン向けに有料で販売されていたもの。

それだけあって、F2Pとしては全体のクオリティはそこそこ高く、特にシングルプレイのモードは単体でも十分楽しめる(ボリュームや演出は物足りないが)。


マルチプレイに関しては、F2Pのゲームでありがちな、やや格差が出やすい傾向がある。

プレイヤーキャラクターのスキルは比較的すぐに習得できるが、武器と防具(アーマー)、特に前者の性能差が大きいにもかかわらず、その状態で戦うしかない。

強化にかなりの時間をかけるか、課金するかしないと、ベテランプレーヤーと同じ条件で戦えない状況。

プレイヤーのランクに応じたマッチングシステムはあるものの、やや過疎の傾向もあるためか、それ自体あまり当てにならないため、マルチプレイに関しては注意が必要。

詳細レビュー

Paladins: Champions of the Realm

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:あり(ストーリーなし)
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC、Steam、PS4、Xbox One

ぶっちゃけ「Overwatch」的カジュアルシューター(MOBAシューター)。基本無料であるところが売り。

ややOverwatchよりもファンタジー色が強い。

アリーナ・シューター(キャラの性能・スキルがあらかじめ定められている)なので、F2Pゲームではありがちな「金を払って武器を強化しないとまともに戦えない」などというpay to winではないところがいいところ。

スペック

最低:
OS: Windows XP SP2, Windows Vista or Windows 7
プロセッサー: Core 2 Duo 2.4 GHz or Althon X2 2.7 GHz
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: ATI or Nvidia graphics card with 512MB video ram or better and Shader Model 3.0+ support. (ATI Radeon 3870 or higher, Nvidia GeForce 8800 GT or higher)
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

推奨:
OS: 64-bit: Vista, Win 7, Win 8, Win 10
プロセッサー: Intel Core i5-750, 2.67 GHz / AMD Phenom II X4 965, 3.4 GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 560 / AMD Radeon HD 6950 or better with 768 MB+ of VRAM (DirectX 11 Compatible)
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

Ring of Elysium

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows):Steam
タイプ:TPS(バトルロイヤル)
ジャンル:現代
対応言語:英語(日本語非対応)
価格:基本無料

中国のテンセントがリリースした、元々は雪山を舞台にしたタイトル。

移動手段にスノーボードや雪上用トラックが出てくるなど、全体的に雪や冬をテーマにしている。

ただし現在では、ヨーロッパをモチーフにしたマップが追加されるなど、かならずしも寒い地域のイメージではなくなり、より汎用的なものになっている。

また、開始地点をマップで直接指定できるなど、既存のバトルロイヤルゲームと差別化しようとする意図が見える。

勝利条件はヘリに乗って脱出すること。そのため、ソロであっても複数人が勝利することがある。

グラフィックは美しく、東アジアでつくられただけであってアバターキャラは日本人好み。

内容・グラフィックのわりに、そこそこのスペックのマシンで動く。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel i3 8130U(2Cores, 2.3GHz) or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GT 730 or equivalent
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible using the latest drivers

推奨:
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit version)
プロセッサー: Intel i5 2500(4 Core, 3.3HGz) or equivalent
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1050 or equivalent
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible using the latest drivers

Team Fortress 2

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:現代
シングルプレイ要素:あり(ストーリーなし)
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:Steam

元祖(?)アリーナシューター。

2008年のリリースなのでさすがに古さは否めないが、今でも人気は高い。

Alliance of Valiant Arms(AVA)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり(ストーリーなし)
プレイ動画の配信:?(録画機能はあるが配信していいか不明)

パソコン向けの基本無料シューターとしては、おそらく今一番日本で人気のあるゲーム。

さまざまなモードやマップ(フィールド)があるのが特徴。

シングルプレイ専用のモードはないが、マルチプレイ用マップでBOT(CPU)と対戦することで練習はできる。

必須環境

OS:Win7以上
CPU:Core2 Duo以上
メモリ:2GB以上
グラフィックカード:GeForce 9800 GT相当以上
ストレージ空き容量:20GB以上
グラフィックAPI:DirectX 9.0c以上

推奨環境

OS:Win7以上
CPU:Core i7以上
メモリ:4GB以上
グラフィックカード:GeForce GTS 450相当以上
ストレージ空き容量:20GB以上
グラフィックAPI:DirectX 9.0c以上

Paragon

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS(アリーナシューター)
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Windows、PS4

ファンタジーというよりSF的な、リアルな雰囲気のアリーナシューター。

運営元はあくまで「三人称視点のMOBA」と謳っている。

Unreal Engineで有名なEpic Gamesのタイトル。

見た目が美しい分、必要スペック要件は全体的にやや高め。

必要スペック要件

Minimum spec:
NVIDIA GeForce GTX 460, Intel HD Graphics 4600, or equivalent DX11 GPU
1 GByte VRAM
Core i5 2.5 Ghz
4 GByte RAM
Windows 7/8/10 64-bit

Recommended spec:
Nvidia GTX 660 or AMD Radeon HD 7870 equivalent DX11 GPU
2 GByte VRAM
Core i5 2.8 Ghz
8 GByte RAM
Windows 7/8/10 64-bit
Minimum spec:
NVIDIA GeForce GTX 460, Intel HD Graphics 4600, or equivalent DX11 GPU
1 GByte VRAM
Core i5 2.5 Ghz
4 GByte RAM
Windows 7/8/10 64-bit

Realm Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam, PS4, Xbox One
タイプ:TPS(バトルロイヤル)
ジャンル:現代
対応言語(日本語非対応)
価格:基本無料

バトルロイヤルゲームとしては珍しい、MOBA系のシューター。

そのため、キャラクターのクラス(職業)や武器のクラフト要素が存在し、ソロでもプレイ可能だが基本的に4人組(スクワッド)を前提に設計されている。

見た目のとおり、F2PのMOBAシューターとして有名な「Paladins」の派生作品。

すでにやや過疎状態か?

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel(R) Core(TM) i5-2320 CPU @ 3.00 GHz (4 CPUs), ~3.0GHz
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 555
DirectX: Version 11
ストレージ: 5 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

Creative Destruction

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam/独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
ジャンル:現代ファンタジー+SF
対応言語:英語、日本語
価格:基本無料

建物のビルド要素のある、いわゆるFortnite系のゲーム。

アメリカのTitan Studio社が開発しているが、この手のゲームでは珍しくテキストも音声も日本語対応している。

スマートフォン版もある。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I3-4160
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4600
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 3 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I5-6500
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1050
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 5 GB 利用可能

Rules of Survival

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam/独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS
ジャンル:現代
対応言語:英語、日本語
価格:基本無料(独自・スマホ版), 310円(Steam)

「荒野行動」と同じ中国NetEaseのタイトル。

全世界に2億3千万人以上のユーザーがいると言われる。

内容・雰囲気ともに荒野行動とよく似ているが、300人同時対戦が可能で、乗り物の種類が豊富、中国製の武器が登場しないなど違いもある。

全体的に、よりPUBGに近い印象。

日本よりも海外で人気がある。

Steam版のみ、なぜか有料。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I3-4160
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4600
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I5-6500
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

NOKBAK

タイプ:FPS
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:?
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

オーソドックスなアリーナシューター。見た目はライトな雰囲気で、残酷な表現がないので誰にでもおすすめ。

Robocraft

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS
ジャンル:SF
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:?
対応言語:日本語・英語など
プラットフォーム:Steam

マイクラ的に自分の機体(ロボット)を自由につくり、それを使って戦い合うゲーム。

通常のシューターとは少し毛色は違うが、基本はTPS。

必須スペック

OS: Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
プロセッサー: Intel Dual Core or better with SSE2 support or equivalent AMD family
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Shader Model 3.0 Compatible GPU, DirectX 9.0c
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible
追記事項: Min Resolution 1024×768

カウンターストライクオンライン(CSO)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル+ゾンビ
シングルプレイ要素:あり(ストーリーなし)
プレイ動画の配信:?(録画機能はあるが配信していいか不明)

古いゲームだが、未だに人気のあるFPS。

「カウンターストライク」ブランドだが、ゾンビが出てくるなど独特の世界観。

グラフィックはさすがに厳しいが、システムのよさはまだまだ通用する。

必須環境

OS:Win7 SP1以上、Win8
CPU:Celeron 2.13GHz相当以上
メモリ:512MB以上
グラフィックカード:Geforce4 TI 4200相当以上
グラフィックAPI:DirectX:9.0C以上
ストレージ空き容量:2.5GB以上
ブラウザ:Internet Explorer 11

推奨環境

OS:Win7 SP1以上、Win8
CPU:Pentium4 3GHz相当以上
メモリ:1GB以上
グラフィック:Geforce 6600相当以上
グラフィックAPI:DirectX:9.0C以上
ストレージ空き容量:3.5GB以上
ブラウザ:Internet Explorer 11

Warface

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:SF(ポストアポカリプス)
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

全体として硬派な、協力型(co-op)オンラインシューター。

PvPだけでなくPvEもあり、中にはストーリーの存在するものも。

バトルロイヤル・モードも実装されている。

比較的低スペックのマシンでも動く。

スペック

最低:
OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel/AMD Dual-Core 2.0 GHz
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 8600 GT 256MB / AMD ATI Radeon X1950 256MB
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card with latest drivers

推奨:
OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core2Duo E6-series / Athlon64 X2 6400+
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 9600GT 512MB / AMD Radeon HD 4830 512MB
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card with latest drivers

Survivor Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): 独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS(バトルロイヤル)
ジャンル:現代
対応言語:英語(日本語非対応)

「荒野行動」「Rules of Survival」と同じく中国NetEase社のタイトル。

内容的には荒野行動とほぼ同じだが、全体的にミリタリー色が強く、グラフィックはややリアル志向かも。

荒野行動より処理が軽いという意見もある。

どうやら、荒野行動を欧米向けにカスタマイズしたものと考えたほうがよさそうだ。

企業が提供しているAndroidアプリにしては珍しく、APKファイルそのものを提供しているのでGoogle Playを通さなくてもインストールすることができる。

H1Z1

▼動画 (クリア)

バトルロイヤルの元祖といえるゲーム。

元々は有料だったが、すぐに基本無料になった。

スペック

最低:
OS: Windows 7, 8, 8.1, 10 (64 bit only)
プロセッサー: Intel i5 Quad-Core
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 280 series or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card

推奨:
OS: Windows 7, 8, 8.1, 10 (64 bit only)
プロセッサー: Intel i5 Quad Core or higher / AMD Phenom II X6 or higher
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 560 series or higher / AMD HD 6870 or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible Sound Card

America’s Army: Proving Grounds

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam、PS4(海外のみ)

その名のとおり、アメリカ陸軍公認のFPS。

2015年リリースのタイトルだが、必要スペック要件は高め。

必要スペック要件

最低:
OS: Windows Vista
プロセッサー: 2.4+ GHz Quad Core CPU
メモリー: 4096 MB RAM
グラフィック: Direct X 9.0c compliant, Shader 3.0 enabled video card with 512MB RAM
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10000 MB 利用可能
サウンドカード: Direct X 9.0c compliant sound card
追記事項: Requires Internet Explorer 9 or later and the latest Windows Media Player

推奨:
OS: Microsoft Windows 7 or higher
プロセッサー: 3.3+GHz Core i5 CPU
メモリー: 8192 MB RAM
グラフィック: Direct X 9.0c compliant, Shader 3.0 enabled video card with 1GB RAM
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10000 MB 利用可能
サウンドカード: Direct X 9.0c compliant sound card
追記事項: Requires Internet Explorer 9 or later and the latest Windows Media Player

Heroes & Generals

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS+ウォーゲーム
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
プラットフォーム:Steam
必要スペック:低

第二次大戦を舞台にした、戦争がテーマのFPS。

歩兵として戦うだけでなく、戦車や戦闘機に乗ってのバトルもある。

必要スペック要件

最低:
OS: Windows 7, 8 or 10
プロセッサー: 2GHz CPU w. SSE3 instruction set- dual-core
メモリー: 3 GB RAM
グラフィック: ATI HD 4810/NVIDIA 9600 GT or above (with >512mb RAM)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible

推奨:
OS: Windows 7, 8 or 10
プロセッサー: Intel i5 processor or higher / AMD Phenom II X6 or higher
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 560 series or higher / AMD HD 6870 or higher
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 3 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible

Fog Of War – Free Edition

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
プラットフォーム:Steam
必要スペック:低

第二次大戦をテーマにした、オンラインFPS。

基本的にマルチプレイのゲームだが、シングルプレイで楽しむことも可能。

さまざまな乗り物が登場する。

必要スペック要件

最低:
OS: Windows 7/8/10 32-bit
プロセッサー: Two-core Intel or AMD processor, 2.5 GHz or faster
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7/8/10 64-bit
プロセッサー: Quad-core Intel or AMD processor, 2.5 GHz or faster
メモリー: 8192 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 470 GTX or AMD Radeon 6870 HD series card or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能

Cuisine Royale

タイプ:TPS
ジャンル:現代リアル、バトルロイヤル
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語など(日本語非対応)
リリース状況:アーリーアクセス
必要スペック:中

元々はエイプリルフールのジョークソフトとしてつくられたバトルロイヤルゲーム。

銃器以外の装備は料理道具をモチーフにしているが、ゲームとしてはオーソドックスなシューター。

別のリアルなゲームのエンジンを利用しているので、グラフィックは美しい。

必要スペック要件

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64bit /8 64bit /10 64bit
プロセッサー: Intel Core i3
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 560 or better, AMD Radeon 77XX or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能
追記事項: Please note, that for Nvidia GPUs second digit matters a lot, so 640 or 730 are much slower than 560!

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64bit /8 64bit /10 64bit
プロセッサー: Intel Core i7
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 1060 or better, AMD Radeon RX480 or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能

Battle Carnival

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:現代
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

6人の個性的なキャラクターを操り、チームで戦うことを前提としたゲーム。

pay to winではないことを謳っている。

2018年にアーリーアクセスが開始されたタイトルだが、かなり低スペックのマシンでも動く(下記参照)。

評価は賛否両論ではあるものの、注目度は高い。

なぜかこのタイトルの公式サイトはずっとダウンしたままだが、韓国のZeppeto社によるもので、同社は基本無料FPS「Point Blank」のゲームエンジン開発なども手掛けている。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Pentium 4 640 (3.2 GHz)
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 8600GT
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 5000 MB 利用可能
サウンドカード: on board

推奨:
OS: Windows 7 or later version.
プロセッサー: Core 2 Duo E6600(2.4 Ghz)
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 9800GT
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 5000 MB 利用可能
サウンドカード: on board

CityBattle | Virtual Earth

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:SF(ロボット)
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

MOBAライクなロボット・チームバトル。

さまざまなロボット(プレイヤーキャラ)が存在。

基本的に5対5で戦い、自身のPCを強化しながら進めていく。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Operating Systems (Windows 7, Windows 8, Windows 10)
プロセッサー: Intel Core i3 4170 or AMD FX-8120
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 460
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 15 GB 利用可能
追記事項: Connection: 256 kbps upstream or faster.

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Operating Systems (Windows 7, Windows 8, Windows 10)
プロセッサー: Intel Core i5-2300 or AMD FX-8300 or higher
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA 760GTX or AMD R9 280X
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
追記事項: Connection: 512 kbps upstream or faster.

BRINK

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(チームバトル)
ジャンル:現代
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

チームベースの対戦型FPS。

キャラクターには4つのクラスが存在し、マッチ(試合)の途中でも変更できるのが特徴で、MOBA的な要素も。

タレットなども存在し、全般的に戦略性が問われる。

キャラの動きが豊富で、ダイナミックなアクションを楽しめる。

2011年リリースのタイトルなので、低スペックのマシンでも動く。

必要スペック要件

(Steam)

MINIMUM:
OS: XP(SP3)/Vista/Windows 7
Processor: Intel Core 2 Duo 2.4GHz or equivalent
Memory: 2GB RAM
Hard Drive: 8GB of free space
Graphics: NVIDIA 8800GS / ATI Radeon HD 2900 Pro or equivalent

RECOMMENDED:
OS: XP(SP3)/Vista/Windows 7
Processor: Intel Quad Core i5
Memory: 3GB RAM
Hard Drive: 8GB of free space
Graphics: Nvidia GeForce GTX 460 / ATI Radeon™ HD 5850

Defiance

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS(MMO、オープンワールド)
ジャンル:SF
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam/PS4/Xbox One

MMOのTPSで、基本は他のユーザーとの協力プレイ(co-op)になる。

課金要素で性能差は出ないので、free to win(pay to winの逆)になっている。

低スペックのマシンでも動く。

このタイトルをリファインした「Defiance 2050」が登場したが、こちらはやや不評。

必要スペック要件

(Steam)

MINIMUM:
OS: Windows XP SP2
Processor: Intel Core 2 Duo 2.0 GHz CPU or better
Memory: 2 GB System RAM
Graphics: 512MB video card (NVIDIA GeForce 8600, ATI Radeon HD 2900, or Intel HD 4000 integrated graphics or better)
DirectX®: 9.0c
Hard Drive: 15 GB free hard drive space
Sound: DirectX 8.1 compatible sound card
Internet: Broadband internet connection

TOXIKK(Free Edition)

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:SF(ロボット)
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

リアルなロボット同士が戦い合う、オーソドックスなMOBAシューターの無料版。

マルチ対戦のほとんどの機能は有料版と同じで、異なるのはシングルプレイ要素とレベルエディタ(マップエディタ)、サーバー機能など。

マッチ当初は単純な武器で開始し、戦いながら武器を集めていくというバトルロイヤルゲーム的な要素もある。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
OS: Windows® XP
プロセッサー: 2.0+ GHz Dual-Core Processor
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 260
ストレージ: 4 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows® 10 (or higher)
プロセッサー: 3.0+ GHz Multi-Core Processor
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 560 (or better)
ストレージ: 4 GB 利用可能

PWND

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:SF
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

バトルのテンポが速い、ライトな雰囲気のアリーナシューター。

相手を攻撃してダウンさせたあと、その近くでダンスを踊らないと勝利条件のポイントが手に入らないという妙なルールがある。

しかも、ダンス中は他のことができなくなる。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-bit
プロセッサー: Intel Core2 Quad Q8200 | AMD Athlon 64 X2 Dual Core 5000+ (or equivalent)
メモリー: 3 GB RAM
グラフィック: GTX470 1GB VRAM or R7 260X or equivalent
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10 64-bit
プロセッサー: i5-4670K or better
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GTX670 2GB VRAM or R9 380 2GB VRAM or better
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

Quake Champions

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:SF
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam/独自クライアント

FPSの代名詞ともいえるQuakeシリーズのアリーナシューター(MOBAシューター)版。

日本ではこの「Quake Champions」の知名度は低いが、海外では人気。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
OS: Windows 7 and later
プロセッサー: AMD Phenom II X4-810 / Core i5-750 / Core i3-530
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: AMD R7 240 GB / Nvidia GT 730 2GB / Intel HD 530
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7 and later
プロセッサー: AMD FX-8320 / Intel i5-2400
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: AMD R9 290 4GB / Nvidia GTX 770 4GB
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

Midair

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:SF
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam/独自クライアント

ジェットパックを背負って空を飛び回りながら戦うタイプのシューター。

必要スペック要件

(Steam)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit: Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i3-4340
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
ストレージ: 5 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

BattleRush 2

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

FPSとサンドボックスゲームをミックスしたような、第二次大戦をモチーフにしたシューター。

自分の軍をつくり、他のプレイヤーと戦っていくマルチプレイ前提のオンラインゲーム。

ゲーム内の大半のオブジェクトが破壊可能で、ビルド、クラフト要素も豊富でさまざまな装備が存在。

戦車などさまざまな乗り物も登場。

前作がリリースされた直後に発表されたタイトル。前作のサービスも一応は続いているが、事実上のリメイクか。

グラフィックは少しデフォルメされていた前作とは異なり、Unreal Engine 4(UE4)を用いたリアル路線に変更されている。

必要スペック要件

最低:
OS: Windows 7/8/10 32-bit
プロセッサー: Intel or AMD processor, 2.5 GHz or faster
メモリー: 4096 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 470 GTX or AMD Radeon 6870 HD series card or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 5000 MB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7/8/10 64-bit
プロセッサー: Quad-core Intel or AMD processor, 3 GHz or faster
メモリー: 8192 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 1050 GTX or AMD Radeon RX560 series card or higher
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 5000 MB 利用可能

Survarium

タイプ:FPS
ジャンル:近未来(ポストアポカリプス)
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam/独自クライアント

荒廃した近未来の世界を舞台に戦い合うゲーム。

PvP、PvE、両方の要素がある。

必要スペック要件

最低:
OS: Windows 7 (Service Pack 1), Windows 8.1 (64 bit)
プロセッサー: Intel Core i3 / AMD Phenom II X4 / AMD FX / AMD Ryzen
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce: GTX 650 / GT 1030 or Radeon R7 250X
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 16 GB 利用可能
追記事項:

推奨:
OS: Windows 10 (64 bit)
プロセッサー: Intel Core i5 / AMD Phenom II X4 / AMD FX / AMD Ryzen
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce: GTX 960 / GTX 1050Ti or AMD Radeon: R9 280X / RX 460
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 16 GB 利用可能
追記事項:

APB Reloaded

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS(MMO)
ジャンル:現代(クライムアクション)
プレイ動画の配信:OK(Steam)
プラットフォーム:Steam, 独自クライアント
対応言語:英語(日本語非対応)

クライムアクション系の多人数参加型のシューター(MMO TPS)。

2つの陣営に分かれて戦い合う。

2011年からつづくタイトル。

必要スペック要件

(Steam)

MINIMUM:
OS:Windows XP
Processor:Intel Core 2 Duo E6420 (2.13GHz) or AMD Athlon x2 5800+ (3.0GHz)
Memory:3 GB RAM
Graphics:GeForce 7800 with 256MB and support for Pixel Shader 3.0, or AMD equivalent
DirectX®:dx90c
Hard Drive:7 GB HD space
Other Requirements:Broadband Internet connection

RECOMMENDED:
OS:Windows Vista 64-Bit / Windows 7 64-Bit
Processor:2.4GHz Intel Core 2 Quad or equivalent AMD x4
Memory:4 GB RAM
Graphics:GeForce 8800GT 512MB or AMD equivalent
DirectX®:dx90c
Hard Drive:7 GB HD space
Sound:Dedicated sound card with hardware acceleration.
Other Requirements:Broadband Internet connection

サドンアタック

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC

以前から高い人気があり、今でもリアルイベントが開催されているほど。

内容はオーソドックスなもので、基本的に4対4の戦いになる。

ちなみに、続編となるはずだった「サドンアタック2」は不人気で、あっという間に日韓でサービスが終了してしまった。

Unturned

タイプ:TPS+アクションアドベンチャー(サバイバルゲーム)+ゾンビ
ジャンル:現代
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam

シューターというよりサバイバルゲーム。

F2Pということもあって非常に人気がある。

見た目がマイクラ的でカジュアルなので、ホラーやグロテスクなものが苦手な人にもおすすめできる。

最低:
OS: Windows 7 32-bit
プロセッサー: 2 GHz
メモリー: 4 GB RAM
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 4 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 10 64-bit
プロセッサー: 3 GHz
メモリー: 8 GB RAM
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能

HOUNDS

タイプ:TPS+RPG+ゾンビ
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC

ありそうでなかったTPS+MORPG。

ウイルスに感染したゾンビのような敵と戦う、こちらも基本無料のシューターでは珍しいCOOPのPvEがメインのゲーム。

もちろんPvPの対戦要素も充実しており、さまざまなモードも用意されている。

世界観がホラーなので、そのジャンルやグロテスクなものが苦手な人にはやや厳しいかも。

プレイ動画の配信はOK。公式サイトにも動画投稿用の掲示板がある。

スペシャルフォース2

タイプ:FPS+ゾンビ
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり(一部)
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC

オーソドックスなシューター。

ハンゲームで運営されている。

Black Squad

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:Steam

見た目も中身もリアルを追求したタイトル。

自分たちで「pay to winではない基本無料のシューター」と謳っている。

比較的最近のタイトルだが、低スペックのマシンでもけっこう動く。

かつて日本でも運営されていたが、不人気で早々に終了してしまった経緯がある。

Evolve Stage 2

タイプ:TPS
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam

非対称PvPで有名になったEvolveの、対戦に特化した無料版。

4人の人間と1体のモンスターというPC同士で戦い合う。

Warframe

タイプ:TPS
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC、PS4、Xbox One

海外ではかなり人気のあるTPS。

武器を選ぶ要素などカスタマイズ性はあるが、数多くいるさまざまなキャラ=Warframeを選ぶことなど、全体的にアリーナシューターに近い印象。

キャラの見た目が独特で、そこに関しては好き嫌いがはっきり分かれそう。

MINIMUM:
OS:Windows XP SP 3 or higher
Processor:Intel Core 2 Duo e6400 or AMD Athlon x64 4000+
Memory:2 GB RAM
Graphics:Nvidia GeForce 8600 GT or ATI Radeon HD 3600
DirectX®:9.0c
Hard Drive:10 GB HD space
Other Requirements:Broadband Internet connection

Gigantic(ジャイガンティック)

▼動画 (クリア)

タイプ:TPS(対戦型アクションゲーム)
ジャンル:ファンタジー
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC、Steam、Xbox One

ファンタジー色の強いアリーナシューター。基本は5対5で戦うが、Guardianという巨大モンスターとともに戦うので6対6ともいえる。

近接攻撃も多く、シューターというよりアクションゲーム的。

最低:
OS: Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit)
プロセッサー: 2.6Ghz processor
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 580, DirectX 11.1-compatible video card (Nvidia or AMD only)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
追記事項: 6 GB RAM requirement refers to usable memory only

WWII Online

タイプ:FPS
ジャンル:現代ミリタリー
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
プラットフォーム:PC、Steam、Mac

2001年リリースと非常に古くからつづく、第二次大戦を舞台にしたリアル系FPS。

無料版は、Riflemanしか使うことができないので体験版に近い。

歩兵や戦車による陸戦だけでなく、戦艦による海戦や戦闘機による空戦まである。

最低:
OS: Windows 7 / Windows 8
プロセッサー: Pentium 4 3.2 GHz or Athlon 64 3500+ (2.2 GHz) or better with SSE 2.0 support
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 8600 series or ATI Radeon HD 2600 Pro
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: on-board or better

推奨:
OS: Windows 8.1 / Windows 10
プロセッサー: 3 GHz Dual Core or 2.66 GHz Quad Core
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 250 or Radeon HD 4850 or better
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: on-board or better

Dirty Bomb

タイプ:FPS(アリーナシューター)
ジャンル:近未来SF
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam
言語:英語など(日本語非対応)

現代により近い未来のSF。アリーナシューターでは珍しく、グラフィックはややリアル志向。

あえてゲームパッドに対応しない、課金による強化要素を入れない、すなわちプレイヤーのスキルしだい、と強く主張している。

攻殻機動隊S.A.C. Online

タイプ:FPS
ジャンル:近未来SF
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC

今や世界的なIPになった「攻殻機動隊」の世界観をベースにしたシューター。

義体などの要素がある近未来SF。

プレイヤーキャラは原作(アニメ版)をベースとしているため、その種類は主人公たち一部に限られる。

PlanetSide 2

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:SF
シングルプレイ要素:?
言語:英語など(日本語非対応)
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam

3勢力に分かれて陣取り合戦をする、MMOシューター。

戦車などの兵器を扱える要素もあり、なんでもありの様相。

HAWKEN: War is A Machine

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS+ロボット
ジャンル:SF
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC、Steam、PS4、Xbox One

かなり本格的なロボットシューター。見た目も中身も、硬派の一言に尽きる。

日本では知名度は低いが、海外では人気がある。

必須環境

OS: Windows XP, Windows Vista, Windows 7 (32bit or 64bit)
CPU: 2Ghz Dual Core
メモリ: 3 GB RAM
グラフィックカード: 512 MB Graphics Card Supporting DirectX 9.0c and Shader Model 3.0
(NVIDIA 9800 GTX or AMD HD 5670)
回線: Broadband Internet connection
ストレージ空き容量:5GB available space

推奨環境

OS: Windows XP, Windows Vista, Windows 7 (64bit)
Processor: 3Ghz Dual Core
Memory: 4 GB RAM
Graphics: 1024MB Graphics Card Supporting DirectX 9.0c and Shader Model 3.0 (NVIDIA GTX 460 or AMD HD 6850)
Network: Broadband Internet connection
Storage: 5 GB available space

Codename CURE

▼動画 (クリア)

☆おすすめ
タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル+ゾンビ
シングルプレイ要素:あり
対応言語:英語など(日本語非対応)
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam
リリース状況:アーリーアクセス

基本無料なのにシングルプレイ前提で、オフラインでも遊べるという珍しいゲーム。

Hoobalugalar_X (Moose G)という人物がほとんどひとりで作り上げた。日本でいう同人ゲーム。

内容はいわゆるゾンビゲームで、Pointman, Support, Assault, Technician, Sniperの5つのクラスがある。

マルチプレイでは、他のプレイヤーと協力して戦っていく。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows® 7 (32/64-bit)/Vista/XP
プロセッサー: Pentium 4 3.0GHz or equivalent
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce 6 series, ATI Radeon 9600
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows® 7 (32/64-bit) or higher
プロセッサー: Intel Core 2 Duo 2.4GHz or higher
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce 9, ATI X1600, Intel 4000, or higher
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

WARMODE

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam
リリース状況:アーリーアクセス(2015年8月~)

ロシア製のシンプルなFPS。

システム要件

最低:
OS: Windows XP
プロセッサー: x86
メモリー: 1024 MB RAM
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 512 MB 利用可能

Batla

▼動画 (クリア)

体の小さいロボットたちが、子供部屋で戦い合うという設定のFPS。

QuakeやUnrealのようなクラシックなFPSだと謳っている。

低スペックのマシンでも動く。

システム要件

(Steam)

最低:
OS: Windows XP+
プロセッサー: Core 2 Duo Processor or Equivalent
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: 256 MB DX9 Compliant
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX 9 Compatible Audio

推奨:
OS: Windows XP+
プロセッサー: Core i5 or Equivalent
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: 512 MB DX9 Compliant
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX 9 Compatible Audio

KUBOOM

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:SF(ロボット)
言語:英語など(日本語非対応)
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC (Windows): Steam、Android、iOS (iPhone/iPad)

ロボットによる、オーソドックスなFPS。

20種類以上のマップ、50種類以上の武器が存在。

パフォーマンスが最適化され、どの環境でも動くと謳っている。

システム要件

(Steam)

最低:
OS: Windows 8.1 (64 bit), Windows 7 (32 & 64 bit), Windows Vista (32 & 64 bit)
プロセッサー: AMD Athlon 64 3200+ / Intel Pentium 4 3200+
メモリー: 512 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 6100 or compatible
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 200 MB 利用可能
サウンドカード: Onboard Sound
追記事項: .net Framework 2.0 or higher

推奨:
OS: Windows 8.1 (64 bit), Windows 7 (32 & 64 bit), Windows Vista (32 & 64 bit)
プロセッサー: AMD Athlon II X2 255 / Intel Pentium E5500
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: ATI Radeon HD 3850 / NVIDIA GeForce 6800 GT
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 200 MB 利用可能
サウンドカード: Onboard Sound
追記事項: .net Framework 2.0 or higher

BlackShot

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:SF(ポストアポカリプス)+現代リアル
シングルプレイ要素:?
言語:英語など(日本語非対応)
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC、Steam、PS4、Xbox One

チームベースのFPS。韓国製。

かなり低スペックのマシンでも動く。

システム要件

最低:
OS: Windows XP / 2000 / Vista / 7/ 8 /10
プロセッサー: Pentium 4 2.0Ghz
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: GeForce 6800 GT / RADEON X800 GT
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows XP / 2000 / Vista / 7/ 8 /10
プロセッサー: Pentium 4 3.0Ghz
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: GeForce 7800 GT / RADEON HD5430D
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

Code of War

▼動画 (クリア)

元はスマホゲームの、オーソドックスなTPS。

クロスプラットフォームでのマルチプレイが可能。

システム必要条件

最小
この製品を実行するには、デバイスが最小要件をすべて満たしている必要があります
OS Windows 10、Windows 10 Mobile
アーキテクチャ x86、x64、ARM
メモリ 1 GB
タッチ 指定されていません
キーボード 指定されていません
マウス 指定されていません

おすすめ
最適なエクスペリエンスを実現するには、デバイスがこれらの要件を満たしている必要があります
OS Windows 10、Windows 10 Mobile
アーキテクチャ x86、x64、ARM
メモリ 指定されていません
タッチ 統合タッチ
キーボード 統合キーボード
マウス 統合マウス

Point Blank

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC

かつて日本でも運営されていたオーソドックスなシューター。

Counter-Strike: Global Offensive Free Edition

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり(マルチ対戦は有料版のみ)
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:Steam

チームベースの対戦FPS「CSGO」の無料版。

オフラインでのボット(AI)対戦と、有料版プレイヤーの観戦しかできないので、ほぼ体験版のようなもの。

システム要件

最低:
OS: Windows® 7/Vista/XP
プロセッサー: Intel® Core™ 2 Duo E6600 or AMD Phenom™ X3 8750 processor or better
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Video card must be 256 MB or more and should be a DirectX 9-compatible with support for Pixel Shader 3.0
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 15 GB 利用可能

クロスファイア(Crossfire)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル+ゾンビ
シングルプレイ要素:なし?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC

オーソドックスなFPS。

Last Man Standing

タイプ:FPS+オープンワールド(バトルロイヤル)
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam, 独自クライアント

いわゆるバトルロイヤル系のFPSサバイバルゲーム。

見た目も中身も有料の人気作「Playerunkown’s Battlegrounds」(PUBG)に似ているが、こちらのリリースは2016年12月なのでどちらがオリジナルか微妙なところ(PUBGは2017年)。

元々は有料のゲームだった。

必要スペック条件

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit versions)
プロセッサー: Intel Core i5-2400 | AMD FX-6100, or better
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 460 2 GB VRAM | AMD Radeon HD 7770 2 GB VRAM, or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
追記事項: Laptop models of these desktop cards may work as long as they are on-par in terms of performance with at least the minimum configuration.

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit versions)
プロセッサー: Intel Core i7-3770 | AMD FX-8350, or better
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 970 4GB VRAM | AMD Radeon R9 390 4GB VRAM, or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
追記事項: Laptop models of these desktop cards may work as long as they are on-par in terms of performance with at least the minimum configuration.

BattleRush

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:OK?(Steam)
対応言語:英語
プラットフォーム:Steam

FPSとサンドボックスゲームをミックスしたような、第二次大戦をモチーフにしたシューター。

自分の軍をつくり、他のプレイヤーと戦っていくマルチプレイ前提のオンラインゲーム。

ゲーム内の大半のオブジェクトが破壊可能で、ビルド、クラフト要素も豊富でさまざまな装備が存在。

ややデフォルメされたグラフィック。

やれることは多いにもかかわらず、低スペックのマシンでも動く。

残念ながら、すでに過疎状態。開発元は、同様のシステムの新作を開発中。

必須スペック

最低:
OS: Windows 7/8/10 32-bit
プロセッサー: Intel or AMD processor, 2.5 GHz or faster
メモリー: 2048 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 9600 GT or AMD Radeon 4850 HD series card or higher
DirectX: Version 10
ストレージ: 2000 MB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7/8/10 32/64-bit
プロセッサー: Quad-core Intel or AMD processor, 2.5 GHz or faster
メモリー: 4096 MB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 470 GTX or AMD Radeon 6870 HD series card or higher
DirectX: Version 11
ストレージ: 2000 MB 利用可能

【終了した/終了予定のタイトル】

Argo(アルゴ)

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
対応言語:英語など(日本語非対応)
プラットフォーム:Steam

基本的に5対5で戦う本格派シューター。

“ミリタリーサンドボックス”を謳う有料の「Arma 3」というゲームをベースにつくられた。

ユーザーが自分でフィールドやシナリオを作成できる機能もある。

しかし、公式サーバーは終了することになり、今後は非公式サーバーでプレイしなければならくなった(非公式サーバーの稼働を運営元が正式に許可)。

最低:
OS: Windows 7 SP1 / 8 / 10 (64bit)
プロセッサー: Intel Dual-Core 2.4 GHz or AMD Dual-Core Athlon 2.5 GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce 9800GT / AMD Radeon HD 5670 / Intel HD Graphics 4000 with 512 MB VRAM
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®-compatible on-board

推奨:
OS: Windows 7 SP1 / 8 / 10 (64bit)
プロセッサー: Intel Core i5-4460 or AMD FX 4300 or better
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660 / AMD Radeon HD 7800 Series with 2 GB VRAM
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX®-compatible soundcard

Battleborn(バトルボーン)

タイプ:FPS
ジャンル:SFファンタジー
シングルプレイ要素:あり(有料)
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam、PS4、Xbox One
日本語対応:あり

いわゆる「Overwatch」ライクなアリーナシューター。

元は有料販売されていたタイトルが、基本無料のモデルに移行した。

ただし制約が多く、プレイヤーキャラは毎週入れ替わる一部のものしか使えない。

担当ディレクターが2017年の時点ですでに「今後の追加要素はない」と発言しており、サービスはつづいているものの、事実上すでに終わっていると考えたほうがいいかも。

フィギュアヘッズ(Figureheads)

タイプ:TPS
ジャンル:SF+ロボット
シングルプレイ要素:あり?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:PC、PS4

F2Pとしては珍しいロボットのTPS。

PvPはもちろん、他のプレイヤーと協力して戦うPvEのモードもある。

リアルなロボットの戦闘シーンと美少女要素のギャップがものすごい。

カウンターストライクオンライン2

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:あり
プレイ動画の配信:OK
プラットフォーム:PC

新作ではあるものの、マシンの要求スペックはさほど高くはない。

前作と同じくさまざまなモード、マップが存在し、BOTを使ってシングルプレイも楽しめる。

Burst The Game

▼動画 (クリア)

タイプ:FPS
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:?
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam
言語:英語(日本語非対応)

チームベースの対戦シューティング。

情報が少ないが、オープンワールドでさまざまな兵器を使って戦い合う(らしい)。

# かつてのSteam Greenlightを通過したものの、現在ではフォーラムだけが残り、ゲーム詳細ページは消えている。

18. 4月 2019 by takasho
Categories: ゲーム |

[まとめ] バトルロイヤルゲーム一覧:FPS/TPSシューター+アクション【おすすめ】

[まとめ] バトルロイヤルゲーム一覧:FPS/TPSシューター+アクションゲーム【おすすめ】

【2019年03月27日更新】一部修正

以下では、約50人以上のプレイヤーによる多人数バトルロイヤル系サバイバルゲームについて紹介。

少人数によるものは省いてある。

【FPS/TPS】

Fortnite

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows):Steam/独自, PS4, Xbox One, Switch, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS(サンドボックスゲーム)
ジャンル:現代(一部ファンタジー/SF)
プレイ動画の配信:OK
日本語:対応
価格:基本無料

バトルロイヤル系では珍しい、マイクラ的なビルドやクラフトの要素があるサンドボックスゲームのようなシューター。

遊びやすさもあり、今や先駆者であるPUBGを超える世界的な人気がある。

自分で砦や櫓を組み立て、陣地を固めるような戦い方も可能。ビルドそのものはさくさく進められる。

基本的に高い位置を確保したほうが有利。

基本的に有料のゲームだが、バトルロイヤルモードのみ無料。

グラフィックを含め、全体的にややライトな雰囲気。

大規模なeスポーツ大会が予定されている。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

Minimum System Requirements:
Intel HD 4000
Core i3 2.4 Ghz
4 GB RAM
Windows 7/8/10 64-bit + Mac OSX Sierra

Recommended System Requirements:
Nvidia GTX 660 or AMD Radeon HD 7870 equivalent DX11 GPU
2 GB VRAM
Core i5 2.8 Ghz
8 GB RAM
Windows 7/8/10 64-bit

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows):Steam/DMM/独自, PS4, Xbox One, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS
ジャンル:現代
プレイ動画の配信:OK
日本語:対応
価格:基本無料(スマホ版), 有料(その他:Steam 3300円)

現在のバトルロイヤルゲーム・ブームをつくり出したパイオニア的存在。

それゆえ、全体的に非常にオーソドックスな印象。

大規模なeスポーツ大会がすでに行われ、日本のイベントはDMMが主催している。

なお、日本語版の正式なライセンサーはDMMだが、Steam版も独自クライアント版もすでに日本語対応しているので、無理にDMM版を買う必要はない。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-4430 / AMD FX-6300
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960 2GB / AMD Radeon R7 370 2GB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 30 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 30 GB 利用可能

Ring of Elysium

Steam:Ring of Elysium“>Steam:Ring of Elysium?w=300″ alt=””>

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows):Steam
タイプ:TPS
ジャンル:現代
日本語:非対応
価格:基本無料

中国のテンセントがリリースした、雪山を舞台にしたタイトル。

移動手段にスノーボードや雪上用トラックが出てくるなど、全体的に雪や冬をテーマにしている。

また、開始地点をマップで直接指定できるなど、既存のバトルロイヤルゲームと差別化しようとする意図が見える。

勝利条件はヘリに乗って脱出すること。そのため、ソロであっても複数人が勝利することがある。

グラフィックは美しく、東アジアでつくられただけであってアバターキャラは日本人好み。

内容・グラフィックのわりに、そこそこのスペックのマシンで動く。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel i3 8130U(2Cores, 2.3GHz) or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GT 730 or equivalent
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible using the latest drivers

推奨:
OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit version)
プロセッサー: Intel i5 2500(4 Core, 3.3HGz) or equivalent
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1050 or equivalent
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible using the latest drivers

荒野行動 KNIVES OUT

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows):独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS
ジャンル:現代リアル
日本語:対応
価格:基本無料

日本でのユーザー数が圧倒的に多いため、おそらくどの環境でも今、最も手軽に楽しめるタイトル。

中国NetEase社が提供。

スマホゲーム版がベースなだけあって、全体的に初心者向けに調整されている印象で、比較的ロースペックのマシンでも動く。

バトルロイヤル系のゲームとして必要な要素はひととおりそろっており、開発のペースは速く、新要素・新マップなどが次々に追加されている。

今後、パソコン向けに特化したリメイク版「荒野行動Plusが登場予定。

Fear The Wolves

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam
日本語:非対応
価格:2380円(Steam)

シングルプレイのシューター「S.T.A.L.K.E.R.」を制作したスタッフたちが開発した、チェルノブイリを舞台にしたFPS。

PvPだけでなくPvEも存在。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8/10 (64 bits)
プロセッサー: Intel Core i3-2130 (3.4 GHz)/AMD FX-4100 (3.6 GHz)
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: 1 GB, GeForce GTX 650 Ti/Radeon R7 260
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 16 GB 利用可能
追記事項: System requirements may change as a result of optimisation changes throughout Early Access.

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8/10 (64 bits)
プロセッサー: Intel Core i7-3930K (3.2 GHz)/AMD Ryzen 5 1600 (3.2 GHz)
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: 4 GB, GeForce GTX 970/Radeon R9 390
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 16 GB 利用可能
追記事項: System requirements may change as a result of optimisation changes throughout Early Access.

Realm Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam, PS4, Xbox One
日本語:非対応
価格:基本無料

バトルロイヤルゲームとしては珍しい、MOBA系のシューター。

そのため、キャラクターのクラス(職業)や武器のクラフト要素が存在し、ソロでもプレイ可能だが基本的に4人組(スクワッド)を前提に設計されている。

見た目のとおり、F2PのMOBAシューターとして有名な「Paladins」の派生作品。

すでにやや過疎状態か?

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel(R) Core(TM) i5-2320 CPU @ 3.00 GHz (4 CPUs), ~3.0GHz
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 555
DirectX: Version 11
ストレージ: 5 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

Creative Destruction

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam/独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
日本語:対応
価格:基本無料

建物のビルド要素のある、いわゆるFortnite系のゲーム。

アメリカのTitan Studio社が開発しているが、この手のゲームでは珍しくテキストも音声も日本語対応している。

スマートフォン版もある。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I3-4160
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4600
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 3 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I5-6500
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1050
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 5 GB 利用可能

Rules of Survival

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam/独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
日本語:対応
価格:基本無料(独自・スマホ版), 310円(Steam)

「荒野行動」と同じ中国NetEaseのタイトル。

全世界に2億3千万人以上のユーザーがいると言われる。

内容・雰囲気ともに荒野行動とよく似ているが、300人同時対戦が可能で、乗り物の種類が豊富、中国製の武器が登場しないなど違いもある。

全体的に、よりPUBGに近い印象。

日本よりも海外で人気がある。

Steam版のみ、なぜか有料。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I3-4160
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4600
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core I5-6500
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

H1Z1

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam/独自, PS4
日本語:非対応
価格:基本無料

PUBGの開発者が以前に手掛けた、バトルロイヤルの元祖といえるゲーム。

元々は有料だったが、すぐに基本無料になった。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
OS: Windows 7, 8, 8.1, 10 (64 bit only)
プロセッサー: Intel i5 Quad-Core
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 280 series or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card

推奨:
OS: Windows 7, 8, 8.1, 10 (64 bit only)
プロセッサー: Intel i5 Quad Core or higher / AMD Phenom II X6 or higher
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: nVidia GeForce GTX 560 series or higher / AMD HD 6870 or higher
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible Sound Card

Survivor Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): 独自, Android, iOS (iPhone/iPad)
タイプ:TPS(バトルロイヤル)
ジャンル:現代
日本語:非対応
価格:基本無料

「荒野行動」「Rules of Survival」と同じく中国NetEase社のタイトル。

内容的には荒野行動とほぼ同じだが、全体的にミリタリー色が強く、グラフィックはややリアル志向かも。

荒野行動より処理が軽いという意見もある。

どうやら、荒野行動を欧米向けにカスタマイズしたものと考えたほうがよさそうだ。

企業が提供しているAndroidアプリにしては珍しく、APKファイルそのものを提供しているのでGoogle Playを通さなくてもインストールすることができる。

Garena Free Fire

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:Android, iOS (iPhone/iPad)
日本語:対応
価格:基本無料

ポータル事業を手掛ける、シンガポールのGarena社によるスマートフォン向けタイトル。

「荒野行動」や「Rules of Survival」をさらにライトにした雰囲気のゲームで、最大50人対戦・10分程度のマッチと、他のバトルロイヤルゲームより手軽に手早く楽しめる。

プレイヤーキャラクター(PC)のタイプは複数存在し、MOBA的にそれぞれ固有の能力を持っている。

参加プレイヤー数をさらに20人にしぼったモードや、乗り物に乗った状態で戦い合うモードなど、さまざまなものが存在。

Cuisine Royale

タイプ:TPS
ジャンル:現代リアル
日本語:非対応

元々はエイプリルフールのジョークソフトとしてつくられたバトルロイヤルゲーム。

銃器以外の装備は料理道具をモチーフにしているが、ゲームとしてはオーソドックスなシューター。

別のリアルなゲームのエンジンを利用しているので、グラフィックは美しい。

見た目の印象とは裏腹に、中身は意外にしっかりとしている。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64bit /8 64bit /10 64bit
プロセッサー: Intel Core i3
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 560 or better, AMD Radeon 77XX or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能
追記事項: Please note, that for Nvidia GPUs second digit matters a lot, so 640 or 730 are much slower than 560!

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64bit /8 64bit /10 64bit
プロセッサー: Intel Core i7
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GeForce 1060 or better, AMD Radeon RX480 or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 6 GB 利用可能

Last Man Standing

タイプ:FPS+オープンワールド
ジャンル:現代リアル
シングルプレイ要素:なし
プレイ動画の配信:?
プラットフォーム:Steam, 独自クライアント

いわゆるバトルロイヤル系のFPSサバイバルゲーム。

見た目も中身も有料の人気作「Playerunkown’s Battlegrounds」(PUBG)に似ているが、こちらのリリースは2016年12月なのでどちらがオリジナルか微妙なところ(PUBGは2017年)。

元々は有料のゲームだった。

必要スペック条件

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit versions)
プロセッサー: Intel Core i5-2400 | AMD FX-6100, or better
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 460 2 GB VRAM | AMD Radeon HD 7770 2 GB VRAM, or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 10 GB 利用可能
追記事項: Laptop models of these desktop cards may work as long as they are on-par in terms of performance with at least the minimum configuration.

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit versions)
プロセッサー: Intel Core i7-3770 | AMD FX-8350, or better
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 970 4GB VRAM | AMD Radeon R9 390 4GB VRAM, or better
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
追記事項: Laptop models of these desktop cards may work as long as they are on-par in terms of performance with at least the minimum configuration.

【アクションゲーム】

Zeus’ Battlegrounds

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam, PS4 (海外版), Xbox One (海外版)
日本語:非対応
価格:基本無料

バトルロイヤルゲームでは珍しい、メレー系アクションゲームがベースで、ギリシア神話を題材にしたタイトル。

基本は三人称視点(TPP)だが、一人称視点(FPP)にも対応している。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-Bit Windows 8
プロセッサー: 2 GHz Dual-Core 64-bit CPU
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: Nvidia GTX 660 with 2 GB Video RAM
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 15 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10
プロセッサー: 2.5 GHz Quad-Core 64-bit CPU
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GTX 770 with 2+ GB Video RAM
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

Mortal Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam
日本語:非対応
価格:基本無料

1000人同時対戦を謳う、中世を舞台にしたアクション系のタイトル。

ゴア表現がややきついので、苦手な人は注意したほうがいい。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 x64
プロセッサー: Dual Core 2.4GHz
メモリー: 6 GB RAM
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 16 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10 x64
メモリー: 8 GB RAM
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

【番外編】

以下は、見下ろし視点の2Dゲームなどについて。

surviv.io

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): ブラウザ, Android, iOS (iPhone/iPad)
日本語:対応
価格:基本無料

バトルロイヤルゲームのエッセンスを抽出して、見下ろし視点(トップビュー)の2Dゲームにしたタイトル。

しかも、パソコン版はブラウザゲームとしてつくられており、マッチングも速い。

アカウント登録の必要すらなく、全体的に非常にお手軽。

グラフィックはごくシンプルなもの。

Battlerite Royale

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam
日本語:非対応
価格:2570円

MOBAをそのままバトルロイヤルゲームにしたタイトル。

つまり、システムは見下ろし視点のライトなアクションゲームになっている。

通常のMOBA版である「Battlerite Arena」は基本無料で提供されているが、なぜかRoyale版は有料。

日本での知名度は低いものの、それなりに人が集まっている模様。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows XP or newer
プロセッサー: Dual Core from Intel or AMD at 2.8 GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Intel HD 3000
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 3 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

outworldbattlegrounds

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC (Windows): Steam
日本語:非対応
価格:基本無料

見下ろし視点のドット絵2Dシューター。

SFの世界観をベースとした武器が登場。

2Dゲームでありながら視線を考慮することが重要で、PCの視線が壁などによって遮られていると、その向こう側の敵は見えないようになっている。

必要スペック条件

(Steam Windows版)

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7
プロセッサー: 2 GHz dual core
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4000
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10
プロセッサー: 3 GHz dual core
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Any dedicated GPU from the last several years
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能

25. 3月 2019 by takasho
Categories: ゲーム |

私的経済予測 2019年1月版:経済・景気の展望【まとめ】

【景気後退局面に入ったと考えるのが妥当】
	景気のサイクルからして
		理論的には長期のサイクルが「6年」
		現在すでに6年が経過:戦後最長
			米国は10年:米も景気後退近づく

一時的な揺り戻しはあるかも
	ただし、それは短期の取引をする人にしか関係ない

=> 長期的な視点に立てば、明らかに「売り」の局面


不安要素が多すぎる
・米中貿易摩擦
・消費税増税
・消費低下:米中
・米国の政治不安:トランプ政策
・ブレグジット

海外の問題が多い
	しかも、日本側では手の打ちようがない
=> 日本国内が堅調でも、海外に振り回される
	特に米中
	日本のマーケットは外資の割合が大きくなってきた

【世の中の当たり前の摂理】:経済に限らず
	いい要素が多ければ未来は明るく
	悪い要素が多ければ未来は暗い

=>【結論1】悪条件が多い:景気減速の条件が整ってきた


【日本に打つ手なし】<= 最大の問題

・政府による景気刺激策 -> 難しい
	・すでに巨額の財政出動
	・アイデアも出尽くしたか
		現状でもひどく場当たり・ばらまき的
			特に消費増税対策

・日銀による金融緩和 -> 難しい
	すでに異常な緩和をやり尽くした
		いわゆる「弾切れ」
	=> これ以上やると副作用のほうが大きい
		現状でも、すでに問題が顕在化
			・金融機関、特に銀行の疲弊・弱体化
			・国債保有高の過度の膨張

=> 一度、景気後退に陥ると、自力での復活は厳しい
=>【結論2】今の政府・日銀に次の景気後退を跳ね返す力も策もない


【円高による悪影響】

米景気の変調
=> FRBによる利上げ後退
=> ドル安
=> 円高
(ドル安の結果としての円高)

・円安による輸出増の恩恵にあずかっていた企業
	今後、大幅に業績が悪化するリスク:特に製造業

・円安時に海外投資をした企業
	結果として高コストの投資をしてしまった可能性


【現状のポジティブな要素】

・日本企業の業績は堅調
 財務だけでなく開発力・技術力などもある

・日本は不況に慣れている
 長くつづくデフレ、天災……
 => どうなったとしても全体として耐えうる力はある

ただし以前に比べ、企業ごとの好不調がより対照的に
	二極化:大企業であっても
=> 淘汰・再編


【まとめ】

・景気減速はほぼ避けられない
・好調企業・不調企業がまだら模様に

=> 2019年はまさに転換点


【市況予測】

・株価
年半ば:18,000円台
年末 :15,000円台

・為替
年半ば:1ドル105円
年末 :1ドル101円


「今年の一字」予想:【転】
	変転、転化、転回……

16. 1月 2019 by takasho
Categories: 未分類 | Tags: |

← Older posts

Newer posts →