[つばさ] 最新話を投稿:第五章 真実 第三節――無料で読めるファンタジーのオリジナル長編小説

2013 年 4 月 2 日 Categories: つばさ | Tags: ,

最新話を『小説家になろう』に投稿。
アットノベルスにも)

(冒頭部分)

 今日の姫は、朝からずっとそわそわしっぱなしであった。
 自分の部屋にいても、広間にいても、そして大好きな中庭にいるときでさえ、こころここにあらずといった様子で何かを思い悩んでいた。
 あの、いつも明るく闊達なアーデがおかしくなってしまった。その噂はたちまちのうちに広がり、今では城内全体が異様な空気に包まれていた。
 誰かが話しかけてもほとんど上の空で、『うん』とか『そうね』といったおざなりな返事しかかえってこない。やがて、誰も姫に近づくことさえできなくなってしまった。
 こうなったら、あの男に期待するしかない。この城で、フェリクスを除いて唯一アーデと対等に渡り合える、あの騎士に。
 いい加減に疲れたらしく、自身の居室でベッドに倒れ伏しているアーデのもとに、とうとうユーグが現れた。
「どうだった!?」
 がばっと跳ね起きたアーデに、ユーグはあからさまにため息をついた。
「なんなんでしょう、このみっともない姿は」

つづきを読む