[つばさ] 最新話を投稿:第四章 さよならの言葉 第七節――無料で読めるファンタジーのオリジナル長編小説

2013 年 3 月 6 日 Categories: つばさ | Tags: ,

最新話を『小説家になろう』に投稿。

(冒頭部分)

 どうして、自分はここにいるのだろう。
 絶望感に苛まれ、同族から蔑まれ、無力感に打ちひしがれる。
 どうして、まだ生きているのだろう。
 ジェイドも喰わず、そのまま放っておけば自然に朽ちていくはずだった。
 しかし、なぜかまだ生きている。
 なぜかまだ生きようとする。
 それもこれも、あの襲いかかってきた連中のせいだ。こちらが翼のない不具者だからと甘く見て、ジェイドを得ることを目的に戦いを挑んでくる。
 しかし、たとえ空を飛べなくなったとはいえ、そこら辺の戦士にやられるほど腕は錆びついちゃいない。
 結果、相手のほうがやられ、自分の目の前には新鮮なジェイドが残る。それを、ただ淡々と喰らっていく自分がいた。
 ――そうだ、奴らのせいだ。
 自分はもう生きたいわけじゃない。部族を追放され、尊崇する族長にも見捨てられ、もはや希望という名の光をすべて失った。
つづきを読む