[牙] Chapter 4 episode: Slender Fencer 1――オリジナル小説(ライトノベル)の連載:最新話 | Ouka Studio [牙] Chapter 4 episode: Slender Fencer 1――オリジナル小説(ライトノベル)の連載:最新話 – Ouka Studio

[牙] Chapter 4 episode: Slender Fencer 1――オリジナル小説(ライトノベル)の連載:最新話

2013 年 2 月 5 日 Categories: | Tags:

最新話を『小説を読もう!』に投稿

(冒頭部分)

「ここか」
 長い旅路の末にようやくたどり着いた約束の地。
 蓮は額の汗を無雑作にぬぐって、両開きの戸を見つめた。
 なんだかんだで、恐ろしく時間がかかってしまった。もう次の授業が始まっている頃合いだろうが、そんなこと構いやしなかった。
 気分転換に少し遠回りしただけ。そう、そういうことだ。
 痛々しいほどに現実を否定する蓮は、少し呼吸を整えてから戸に手をかけた。
 ――うん?
 ほんのわずかな違和感。
 ――よく考えたら、なぜ鍵が開いている?
 少しだけ戸を引いてみると、難なく動いた。鍵がかかっていた形跡はまるでない。
 それだけではなかった。内部から明らかに気配を感じる。
「…………」
 わずかに空いた隙間から、中をうかがう。
 初め、何もいないかのように思われた。しかし、しばらくじっと様子を見ていると、倉庫の隅に影を見つけた。
 ――女、か。
 シルエットからして女性のようだ。暗がりの中、ひっきりなしに箱やら棚やらをあさっている。
 相手も見づらいのか、左の手を掲げ、その先に術で光を灯した。
 浮かび上がったその姿を見て、違和感はなお増した。
 ――なぜだ。
 女は、学校の制服をまとった少女だった。しかし、それはここ白鳳高校の物とは異なり、オーソドックスな黒のセーラー服であった。

つづきを読む