FlashDevelopでスタンドアローン版Flash Playerを自動で閉じる

【追記:2011年7月10日】

# OSがWindows XP Homeの場合は、まず『taskkill簡易版』を適用する

メニューから「プロジェクト>プロジェクト設定>ビルドコマンド」を表示し、「ビルド前に実行するコマンドライン」に以下の記述をする。

taskkill /IM flashplayer_10_sa_debug.exe

イメージ名は、もちろん自分が使っているデバッグ版Flash Playerに合わせる(FlashDevelop付属のFlex SDKの場合、「FlashPlayerDebugger.exe」となっていることがある)。

プロジェクトごとに設定を行うのが面倒な場合は、プロジェクト用テンプレートを直接書き換える。

AS3 Project with Preloaderの場合

「C:\Program Files\FlashDevelop\Projects\130 ActionScript 3 – AS3 Project with Preloader」ディレクトリを開く。

そこにあるProject.as3projをテキストエディタで開く。

単純なXMLファイルなので、その最後のほうにある「<preBuildCommand />」を以下のように書き換える。

&lt;preBuildCommand&gt;taskkill /IM flashplayer_10_sa_debug.exe&lt;/preBuildCommand&gt;

注意点

あくまでビルド時に実行されるだけなので、FlashDevelopから直接swfファイルを立ち上げても、デバッガは起動されるが上記のtaskkillは実行されない。