[Writer] 二倍ダッシュ(二倍ダーシ)、二倍三点リーダーの隙間を詰める

2012 年 9 月 21 日 Categories: アプリケーション, 小説 | Tags:

OpenOffice.org Writer 3.4.1

デフォルトだと、基本的に「――」や「……」の間に隙間ができてしまう。

対策1

メニュー「書式>文字>間隔」で、「狭くする」を選択し、「カーニング」を「1.1pt」くらいにする。

文書の設定やフォントの種類によって微妙に隙間の間隔が異なるので、調整が必要。表示を拡大してチェックする。

IPAex明朝では、上記くらいでちょうどよかった。

二倍ダッシュへの対策2

一文字分のみ入力し、メニュー「書式>文字>回転 / 倍率」で、「幅の倍率」を「200%」にする。

このやり方だと対策1のような調整が必要なく、綺麗に表示ができる。

同じような手法は、Microsoft Wordでも使える。

問題なのは、ファイル(文書)を他の形式へ変換する場合。見た目上は二文字分だが、実際には一文字なので対応が必要。なんらかの形で置換するしかない。

既存の文字への一括対応

これらのことに限ったことではないが、メニュー「編集>検索と置換」で、「検索テキスト」「置換テキスト」に該当する文字を入力し、「詳細オプション>書式」で上記のことを設定し、「すべて置換」。

まとめ

このようにすれば、PDFに変換した場合もきれいに余分な隙間なく表示される。