[無料CDN] 画像のみ対応のクラウドサービスまとめ:画像配信を最適化 リサイズ・切り抜きなどの機能も WordPressプラグイン対応のものも[おすすめ]

ここでは、画像ファイルの配布に特化したCDNについて紹介。

* CloudFlareのようなサイト全体をキャッシュするようなクラウドサービスそのものは除外している。

Postimage.org

WordPressプラグイン:simple-image-upload(最終更新2012年)

各種掲示板やブログに公開する画像をアップロードするためのストレージとして、2004年に開始されたサービス。

有志が非営利で運営しているらしく、そのためか驚くほど制限が少ない。

画像用CDNとしては、ほぼこれで十分といえる。

アップロードできる画像数に制限はなく、同時に送信できる数は1000、最大画像サイズは1万ピクセル×1万ピクセル、1ファイルの最大容量は12MBと、かなりの大盤振る舞い。

またphpBBなど、有名な掲示板システム用のプラグインも公式に提供されているので、アップロードしやすい(WordPress向けには古いプラグインしかない)。

ログイン不要で手軽に利用できるが、アカウント登録すれば、自分がアップロードした画像を「ギャラリー」という名のカテゴリーに分けて管理することが可能になる。

一方、ログインしていない状態でアップロードしてしまうと他の画像系CDNと同じく、自分では削除できなくなってしまうので注意しよう。

使い方

トップページかログインしたページに、アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップするか、フォームから選択するだけ。

送信が完了すると、フルサイズの画像やサムネイルのURL、短縮URLなどが一覧表示される。

Cloudinary

CloudFlareとは異なり、画像や動画のストレージに特化したサービス。

CDNとしての単なるキャッシュサービスではなく、サーバーサイドでの画像変換にも対応している。

料金プランの考え方がやや特殊で、いわゆる「コスト制」。

以下のそれぞれの基準を1か月あたり「1クレジット」という単位で計算し、翌月になるとリセットされる。

画像変換:1000回
容量:1GB
転送量:1GB
動画変換:処理にかかった時間500秒

無料プラン(Free Plan)の場合、1か月あたり25クレジットまで使えるので、かなり使い勝手がいい。

画像変換の機能は、URLに各種パラメーターを付けてアクセスするだけ(REST API)。

そうすると自動で処理されたうえでクラウドストレージに保存され、次回から同じURLでアクセスするだけで高速表示が可能。

本当にいろいろなことができ、たとえば二つの異なる画像を重ね合わせてひとつの画像をつくるといったこともできる。

WordPress向けにはプラグインもあり、通常どおり自分のブログへアップロードするだけで、自動的にCloudinaryのサーバーに保存されるようになる。

それ以外にも、Node.jsやiOS、Androidなどさまざまな環境に公式SDKで対応中。

全体的に、企業や開発者向けを意識してつくられているが、個人でも十分手軽に使うことができる。

使い方

基本的には、ブラウザからログインして該当ファイルをアップロードするだけ。

ただ、それだけではなく、各種環境から直接サーバーへ送ることもできるようになっている。

REST APIを利用することで、簡単にリサイズなど画像の加工が可能。

あとは、そのURLをそのままHTMLのimgタグで使うだけだ。

例:幅300ピクセル、高さ200ピクセルで切り抜き

https://res.cloudinary.com/demo/image/upload/w_300,h_200,c_crop/sample.jpg

くわしくはこちら

Images.weserv.nl

Postimage.orgと同じく有志が開発・運営している無償のサービス。

CloudinaryやJetPack サイトアクセラレーターと同じく、CDNのURLに画像ファイルのURLをつなげて各種パラメーターを指定するだけで、自動的にキャッシュされる。

ベースにCloudFlareを利用している。

このサービス、特に大きな制限はなく、同一IPアドレスのユーザーから3分間に700回以上の未キャッシュの画像ファイルへのアクセスがあったときのみ、以後、そのIPアドレスからのアクセスが1時間制限されるというだけ。

要するに、3分以内に新しくキャッシュする画像の数が700未満なら、なんの問題もないということ。

よほどのことがない限り、このボーダーラインに引っかかることはないだろう。

Cloudinaryと同じで画像URLにさまざまなパラメーターを付加することで画像の加工も可能だが、こちらはそのAPIもオープンソースで開発されている。

つまり、開発コミュニティに参加すれば、自分の好きな機能を追加することもできる。

例:

https://images.weserv.nl/?url=images.weserv.nl/lichtenstein.jpg&w=300&h=300%22

くわしくはこちら

JetPack サイトアクセラレーター(旧称Photon)

WordPress.comで有名なAutomattic社が提供する、WordPress向け統合プラグイン『JetPack』に含まれる機能のひとつ。

といっても、かならずしもJetPackを通す必要があるわけではなく、Automattic社のサーバーに直接ファイルをアップロードする必要もない。

自分のサイトに限らず、Web上のどこかにあるURLをPhotonのドメインのあとに続ければ、その画像ファイルが自動的にキャッシュされる。

Cloudinaryなどと同じように、そのURLに各種パラメーターを設定すれば、画像の加工も可能。

転送量や画像サイズには、特に制限はない模様。

ただしこの画像CDN、利用規約により、残念ながらWordPressシステムかWordPress.comのいずれかを使う場合にしか利用できない。

その他の制限についてはこちら

なお、サイトアクセラレーターには画像だけでなく、WordPressのCSSやJavaScriptファイルを自動的にキャッシュする機能もある。

注意が必要なのは、CDNでキャッシュされた画像は自分では削除できないこと。

運営にいちいち連絡する必要があるので、やや手間がかかってしまう。