基本無料の麻雀ゲーム一覧【まとめ】

2019 年 5 月 17 日 Categories: ゲーム | Tags: ,

麻雀天聖

プラットフォーム:PCブラウザゲーム
プレイ人数:1
ルール変更:あり
サービス:完全無料

非常にシンプルなタイトル。

勝つことでポイントを得て、キャラクターを集めていくやり込み要素もある。

ブラウザゲームのわりに少しだけ重いか。

麻雀(GAMEDESIGN)

プラットフォーム:PCブラウザゲーム
プレイ人数:1
ルール変更:なし
サービス:完全無料

シングルプレイ用のシンプルなゲーム。

動作が非常に軽いので、かなり古いマシンでも動く。

オンライン対戦麻雀 天鳳(てんほう)

プラットフォーム:PCブラウザゲーム、スマホブラウザゲーム、スマートフォンアプリ(Android/iOS [iPhone/iPad])
プレイ人数:2~4
サービス:基本無料

ブラウザでオンライン・マルチ対戦が可能なタイトル。

ブラウザ版だけでなく、スマートフォンアプリも存在する。

しかし、無料版ではどのバージョンがどの機能を制限されているのか非常にわかりづらい。

セガNET麻雀MJ

プラットフォーム:PCクライアント(Windows)、スマートフォンアプリ(Android/iOS [iPhone/iPad])
プレイ人数:1~4
サービス:基本無料

大手のセガが運営する、クロスプラットフォームで、かつ、アプリ・運営の質も高いタイトル。

初心者向けのアシスト機能もある。

やや仕組みがわかりづらいところがあるが、段位認定戦などの「公式モード」では通常プレイで得られるMJチップか、または課金対象のGOLDが必要になる。

トランプやスロットなどのカジノゲーム要素もある。

麻雀格闘倶楽部Sp

プラットフォーム:スマートフォンアプリ(Android/iOS [iPhone/iPad])
プレイ人数:1~4
サービス:基本無料

大手のコナミが運営する、アーケード人気作のモバイル版。

日本プロ麻雀連盟所属の雀士がキャラとして登場し、育成要素もある。

麻雀 雷神 -Rising-

プラットフォーム:スマートフォンアプリ(Android/iOS [iPhone/iPad])
プレイ人数:1~4
サービス:基本無料

オーソドックスではあるが、本格的なタイトル。

シングルプレイ要素もあり、さまざまなAIのキャラと戦っていくモードも。

麻雀(Yahoo! モバゲー)

プラットフォーム:PCブラウザゲーム(Windows/Mac/Linux)
プレイ人数:1~4


ブラウザゲームのポータルサイト「Yahoo! モバゲー」の麻雀ゲーム。

対戦相手を「ロボット」にすれば、シングルプレイも可能。

麻雀4

プラットフォーム:PCクライアント(Windows)
サービス:基本無料

昔からあるハンゲームのオンライン対戦麻雀。

必要スペック条件

日本語版 Microsoft Windows(R) Vista以降
CPU/最低(必要)動作スペック
Intel Pentium 4 1.5GHz以上
Memory/最低(必要)動作スペック
512MB以上
GPU/最低(必要)動作スペック
VRAM 32MB以上
Browser/最低(必要)動作スペック

総評

手軽に遊べるものはブラウザゲームをはじめ数多く存在するが、サービス・ゲーム内容ともに本格的なものとなると、基本無料のものでは「セガNET麻雀MJ」と「麻雀格闘倶楽部Sp」くらいしかない。

とはいえ、ほとんどの場合、ブラウザゲームで十分かも。