午前・午後を表す英語a.m.、p.m.の順序の覚え方:アルファベット順【tips】

2018 年 3 月 9 日 Categories: tips | Tags:

ポイント

先頭文字がアルファベット順

と覚える。

解説

共通事項

大文字でA.M.、P.M.と表記することもあるが、通常は小文字。

アルファベットのあとの「.」(ピリオド)は省略したことを示す記号。

かならず時刻のあとに書く

11.00 a.m.

前に書くことはけっしてない。

また、o’clockと併用することもけっしてない。

a.m.

「正午の前」(before noon)=午前中という意味。

ラテン語のante meridiem(アンテ・メリディエム)の略。

ante = before
meridiem (meri + diem) = middle + day = midday(正午)

直訳では「一日の真ん中(=正午)の前」。

英語では「アンティ・メリディアム」(`ænṭɪ mərídiəm)と発音する。

p.m.

「正午の後」(after noon)=午後という意味。

ラテン語のpost meridiem(ポスト・メリディエム)の略。

post = after
meridiem (meri + diem) = middle + day = midday(正午)

直訳では「一日の真ん中(=正午)の後」。

英語では「ポスト・メリディアム」(`ænṭɪ mərídiəm)と発音する。

まとめ

anteが「~の前」
postが「~の後」

と覚えておけばより確実。