[PCゲーム] 基本無料のおすすめレースゲーム【まとめ】

2017 年 10 月 7 日 Categories: ゲーム |

【2017年10月07日更新】タイトル追加

用語

レース:基本的に一定のコースが定められ、限られた数の他車と順位を競う
暴走系:コースを自由に走り回り、他車に自車をぶつけてもかまわない
オープンワールド系:広いフィールドを自由に走り回れる
ドラッグレース:基本的に1対1、または少人数でストレートのみで速さを競う

アスファルト8:Airborne

タイプ:暴走系レース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:2.8GB
ゲームパッド:非対応

低スペックのマシンでも動く。

基本的にオンロード(ターマック)の市街地コースでレースをするが、コース選択の自由度は一定程度ある。

他のアスファルトシリーズと同じく、ジャンプやジャンプ中にアクションを決めるギミックも存在。

操作は基本的に自動加速(アクセル)のため、手軽に楽しめる。また、ドリフトを出すこと自体は簡単だが、キープするのがやや難しい。

元々は、有料のスマホゲーム。

すでに最初にリリースされてから時間がたっているが、必要スペック要件が低いわりにグラフィックはそこそこ美しく、また動作も安定しているため、今でも十分楽しめる。

シングルプレイのモードが充実している。

各レースごとに定められたミッションをこなしてスターを集め、それが一定数に達すると次の要素がアンロックされていく仕組み。

登場車種は多く、アウディなどの有名な高級車も存在。それらはレースをしてゲーム内通貨を集めて購入する。チューンアップの方法も同様。

残念ながら、ゲームパッド非対応。antimicroやJoyAdptrなどを使って、自分でキーボードのキーをゲームパッドのボタンに割り当てる必要がある。ただし、操作がシンプルなので、キーボードのみでも比較的やりやすい面も。

他のゲームロフト作品と同じく、アプリ内で広告を見るとゲーム内通貨を手に入れることができる。

マルチプレイでは他プレイヤーとリアルタイムで対戦できるが、やや過疎状態か。

アスファルト:Xtreme

タイプ:暴走系レース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:1.26GB
ゲームパッド:非対応

「アスファルト8:Airbone」とは逆に、基本的にオフロードを走るラリー系(ラリークロス的)レースゲーム。

基本的には、アスファルト8と同様のシステム。

コースはアップダウンが激しいものの、普通に走っているだけで慣性ドリフトになるので、慣れればアスファルト8より走りやすい。

全体的にアスファルト8よりさらに手軽に楽しめる印象。

登場車種はラリーカーからモンスタートラックまでさまざまなものが存在し、それらが混在してレースをしていく。

個人的には、「アスファルト8」よりおすすめ。

GTレーシング2:The Real Car Experience

タイプ:ドライビングシミュレーター
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:1.14GB
スマートフォン:対応

スマホゲームでは珍しい、リアルなシミュレーター系のレースゲーム。

ドライバー視点があるなど、けっこう本格的。

アスファルト:Street Storm Racing

タイプ:ドラッグレース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:2GB
スマートフォン:対応

直線での速さを競うドラッグレース。

名前からしてオープンワールド系のゲームにも思えるが、実際にはまったく違う。

ポルシェなど有名車種も出てくる。

元はスマホゲームなのに、ストレージ容量が最大2GB必要になるので注意。

Forza Motorsport 6: Apex

タイプ:ドラッグレース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:21.87GB
スマートフォン:非対応

Xboxで人気の「Forza」シリーズ、そのF2P版。

本当に本格的なレーシングシミュレーター。

4K対応。

ただし、マシンの必要スペック要件はやや高め。

CSR Racing

▼動画 (クリア)

タイプ:ドライビングシミュレーター
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:474.41MB
スマートフォン:対応
日本語対応:あり

有名なZyngaのレースゲーム。1億ダウンロードを達成したと謳っている。

グラフィックのクオリティはなかなか。

車種も豊富で、有名な高級車も多く登場。

オフラインでも楽しめる。

Demolition Derby Multiplayer

▼動画 (クリア)

タイプ:対戦型アクションゲーム
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:504.28MB
スマートフォン:対応
日本語対応:なし

レースゲームというより、互いに車をぶつけ合って戦うアクションゲーム。

オンライン前提だが、オフラインで練習する機能もある。

ドリフトシティ・エボリューション

タイプ:暴走系オープンワールド
ソフトウェアの形式:クライアントソフト
ストレージ:2GB
スマートフォン:非対応

かなり昔からある、自動車をテーマにしたMMORPG的なゲーム。

各町でさまざまなクエストをこなしながら、自身の車を強化していく。

オープンワールドと書いたが、元が古いゲームなのでさほどエリアが広いわけではない。

通常のレースゲームとしてのマルチプレイ・モードもある。

見た目はトゥーンシェーディング風。

元が古いゲームなので、マシンの必要スペック要件は低い。おそらく10年前のマシンでもらくらく動く。

スペック 必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP / VISTA(※1) / 7
CPU PENTIUM4 / 2.0GHz PENTIUM4 / 3.0GHz
メモリ 1GB 以上
VRAM Geforce4 MX (64MB 以上) GeForce 8500GT 以上
Radeon HD 2400 以上
HDD空き容量 2.0GB 以上
DirectX バージョン 9.0c 以上
通信環境 インターネットへ常時接続可能な環境(推奨:ADSL環境以上)
サイト対応ブラウザ Internet Explorer 7.x,8.x,9.x

Race Car Driving Simulator 3D

▼動画 (クリア)

タイプ:オープンワールド系レース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:146.63MB
スマートフォン:対応
マルチプレイ:?

珍しいオープンワールド系のドライビングシミュレーター。

グラフィックはいまひとつ。

ストレージ容量は最大でも146MBと少ない。

Nitro Nation

タイプ:ドラッグレース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:2.53GB
スマートフォン:対応
マルチプレイ:あり

シンプルなドラッグレース。

スタミナ制なし。

映画とのコラボイベントも。

Moto Rider GO: Highway Traffic

▼動画 (クリア)

タイプ:バイクゲーム、暴走系レース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:79.72MB
スマートフォン:対応
マルチプレイ:なし
日本語対応:なし

主観視点(ライダー視点)の公道暴走系バイクゲーム。

さまざまな本格的バイクに乗って、高速道路を疾走する。

基本的に決められたルートを通るので「首都高バトル」のバイク版のようなイメージ。

容量の少なさからもわかるとおり、ミニゲーム的。

City Racing 3D

タイプ:暴走系レース
ソフトウェアの形式:Windowsアプリ
ストレージ:141.65MB
スマートフォン:対応
マルチプレイ:?

ゲームロフトの「アスファルト」シリーズによく似た中国製ゲーム。

グラフィックはいまひとつ。

ストレージ使用料は最大でも140MB程度で軽量。