[Writer] OpenOffice Writerが重いときの対処法:スペルチェック、オートコレクト機能を切る

2015 年 2 月 26 日 Categories: アプリケーション | Tags:

Writerを使っていると、なんらかの処理をしているわけではないのになぜか重くなることがある。

特に、大きい(=長文の)ファイルを開いているとき。

アプリのウィンドウがアクティブのときは負荷が低いのに、非アクティブになるとそれが高まるときは要注意。

対処法

Writerは無料で使えるオープンソースのワープロソフトだが、意外と機能が豊富なので、基本的に余計な機能をどんどん切っていく。

中でも、以下のものは特に負荷が大きくなりやすい。

スペルチェック、文章校正

メニュー「ツール>オプション>言語設定>文章作成支援>オプション」で、「自動スペルチェック」と「自動文章校正」をオフにする。

オートコレクト

メニュー「ツール>オートコレクトオプション>ワードコンプリーション」で、「ワードコンプリーション機能を使う」をオフにする。