パソコンで使える無料のAndroidエミュレーター一覧[まとめ]スマホアプリがWindowsなどで動く[おすすめ情報]

2019 年 10 月 24 日 Categories: アプリケーション | Tags: , ,

【エミュレーター(emulator)とは】

広義には、特定の機能・動作を、本来のものと同じように疑似的に動かすソフトウェア。

狭義には、特にパソコン、スマートフォンなどのOSについていい、あるOS上(A)で特定のOS(B)をあたかもソフトウェアのように動し、Bの環境でしか動作しないアプリなどを普通に使えるようになる。

昨今、有名なものはWindows上でAndroidを動かす下記のもの。

エミュと略されることもある。

【更新情報】全体を更新 Genymotion情報を復帰

おすすめ

以下に紹介するものは、継続的に開発が進められ、人気ゲーム・アプリにエミュレーター自体が積極的に対応している。

nVidia GeForceのドライバのような感じで、特定のゲームがきちんと動くように更新を続けている。

Nox

最終更新日:2019年9月11日
現在バージョン:NoxPlayer 6(6.3.0.8)
対応OS:Windows(Win XP SP3/Vista/Win 7/Win 8/Win 8.1/Win10)、Mac
対応CPU:Intel、AMD
日本語対応:OK
開発元:Nox Digital Entertainment(香港:法人)
対応Androidバージョン:4.4.2、5.1.1、7.1.2(オプション)
UI:独自(Androidベース)

【全体の使い方の説明】

▼動画【タッチ操作をキーボードに割り当てる方法】 (クリア)

▼動画【使ってみた】 (クリア)

今、一番おすすめできる完全無料のAndroidエミュ。

くわしくはこちら

日本語版が正式にリリースされている、中国製(香港)のエミュレーター。日本語版公式ブログもある。

おそらく、無料で使えるもののなかでは最も安定していて、動作も軽快。特にゲームアプリの動作には定評がある。

一番のよさは、とにかく導入が簡単なこと。普通にアプリをインストールすれば、そのまますぐに使える。

画面の向きがアプリによって自動で切り替わるだけでなく、横画面と縦画面を1クリックで再起動の必要なく変更できる。

継続的に開発が進められているのも高評価。

マウス、キーボードでの操作を自動化するマクロ(スクリプト)機能まであるため、それを使いこなせる人は各種作業の大幅な効率化が可能。

さらに、マウス、キーボードの操作を記録するロガー(キーロガーなど)にも対応しているので、一般ユーザーだけでなくスマホアプリやスマホ向けWebサービスの開発者・プログラマーにもおすすめ。

対応Androidバージョン

以前のメジャーバージョンであるNoxPlayer 5では内蔵Androidのバージョンが4.4.2だったが、6で5.1.1、現在では7.1.2(Android 7)に正式対応している。

ただしデフォルトは4.4.2なので、手動で切り替える必要がある。ツールバーの「マルチウインドウ」から「エミュレーターの追加>新しいエミュレーター Android 5.1.1/7.1.2」を選択してインストールする。

# 大半のアプリは4.4.2でも動くので無理に変更する必要はない。それどころかバージョンを上げると重くなるデメリットも。

その他の特長

  • Google Play対応
  • タッチ入力をキーボードでエミュレーション(割り当て)できる
  • ゲームパッド対応(XboxコントローラーなどXInput対応のもの)
  • 可変画面サイズ
  • マルチウィンドウ(マルチインスタンス)対応
  • スクリーンの動画撮影対応
  • バックアップ・復元機能
  • PCとのファイル共有方法
  • コマンドプロンプトからの動作設定・実行
  • スクリーンショット撮影機能
  • スキン機能
  • Nox自体のクリーンアップ機能(無駄なファイルを削除し、空き容量を増やす)

必要スペック要件

公式サイト

CPU:Intel/AMDのデュアルコア
グラフィック:OpenGL 2.0以上
メモリ:1.5GB
ストレージ:インストール用に1GB、利用に1.5GB

Bluestacks

最終更新日:2019年4月29日
対応OS:Windows、Mac
日本語対応:OK
UI:独自
ベース:独自
アプリの自動アップデート:対応
開発元:Bluestack Systems, Inc.(米国:法人)
対応Androidバージョン:7.1.2(Nougat)

【全体の説明:まとめ】

▼動画【タッチ操作をキーボード、ゲームパッドに割り当てる方法】 (クリア)

通常のアプリとして単純にインストールするだけですぐ使える。エミュレーター以前にパソコンのことがよくわからない人でも、Androidの知識があれば扱えるレベルなので、初心者におすすめ。

くわしくはこちら

Noxと同じく、継続的に開発がすすめられ、かつ安定して動作する数少ないエミュのひとつ。

以前は無料版で、広告目的のアプリが毎日自動インストールされるというとんでもない仕様だったが、メジャーバージョンが「3」になってから廃止され、今ではNoxと同様に広告アプリの表示がひとつされるだけとなり、快適になった。

人気ゲームアプリに対して積極的に個別対応しており、設定画面でゲームごとに設定を変更することもできる。

以前から設定がシンプルでわかりやすいのが特長だが、反面、設定できる項目が他のエミュレーター(特にNox)と比べて少ない。

いろいろな機能を使いたい場合は、他のNoxやMEmuをおすすめする。

他の機能面も必要十分である一方、やや物足りなさも。特に公式もゲームアプリでの利用をプッシュしているようだが、肝心のゲームパッドに対応していないのは残念(ライバルのNoxが対応しているだけに)。

あくまでゲームパッドでプレイしたい場合は、キーボード操作をゲームパッドに割り当てる「antimicro」や「JoyToKey」といった別のソフトを併用する必要がある(以前のバージョンでは標準で対応していた気がするが……)。

ネットワークの遅延率の低さが求められるゲームで、リソースの配分をAIによって最適化している。

マルチウィンドウ、マルチインスタンス、マルチアカウント対応。つまり、複数のアプリ(ゲーム)を簡単に同時並行で使うことが可能。

ポイント制度があり、BlueStacksにログインするだけでたまっていく。賞品などの応募に使うことができる。

クライアントのアップデート情報は、公式ブログよりもリリースノートのページのほうがわかりやすい。

なお、その各バージョンのリリース情報が記されたページから、クライアントのバックバージョンをダウンロードすることができる。

その他の特長

  • デスクトップOSのHDDなどストレージに直接アクセス可能
  • 64ビット版のAndroidにも対応
  • リアルタイムにアプリ内のテキストを翻訳する機能(公式ブログ

【注意】

以前のバージョンではADB(Android Debug Bridge)に関する脆弱性があったので、できるだけ早く最新版にアップデートしたほうがいい。
解説BlueStacks公式[英語]

BlueStacks 4の必要スペック条件

必要動作環境
OS: Microsoft Windows 7以上
プロセッサ: Intel あるいは AMDプロセッサ
RAM: RAM 2GB以上(ディスク容量ではありません)
HDD: 4GB以上のディスク容量
PCの管理者である必要があります
Microsoftあるいはチップセットベンダーから提供されている最新のグラフィックドライバ
BlueStacks 4は必要動作環境でも動作しますが、より快適なプレイ体験のためには推奨動作環境をおすすめいたします。

推奨動作環境
OS: Microsoft Windows 10以上
プロセッサ: Intel あるいは AMDのマルチコアプロセッサ。BIOSからバーチャライゼーションが有効化されていること。Single Thread PassMark score > 1000。
グラフィックス: Intel/Nvidia/ATI。オンボードあるいはディスクリートコントローラ。PassMark score >= 750。
RAM: 6GB以上
HDD: SSD (または Fusion/Hybrid Drives)
インターネット: ゲームにアクセス可能なブロードバンド通信
Microsoftあるいはチップセットベンダーから提供されている最新のグラフィックドライバ

* PassMark scoreは、こちらのサイトで検索して確認

MEmu

最終更新日:2019年4月23日
現在バージョン:6.2.1
対応Androidバージョン:
デフォルト – 5.1 (Loillipop)
  オプション – 4.4 (Kitkat)、7.1 (Marshmallow)
開発元:Microvirt(上海:法人)

ゲーム利用を意識してつくられた比較的新しいエミュレーター。

対応Androidバージョンも豊富だが、Noxと同じく手動で別途インストールする必要がある。

UIも含め、全体的にNoxと似ている印象。

特徴

  • 現在も活発に開発がつづけられている
  • 一部の有名ゲームに最適化することもしている(PUBG Mobileなど)
  • 高速動作
  • さまざまな環境に対応:ハードウェア、OS
  • マウス、キーボード、ゲームパッドに標準対応
  • マルチインスタンス(ソフトウェアの複数同時起動と、それぞれ別アカウントにすることが可能)
  • マクロ(スクリプト)機能による処理の自動化
  • デスクトップOS側のストレージにアクセス可能
  • 別ディスプレイでの表示
  • 主要なエミュレーターでは珍しくWindows XPに正式対応

必要スペック条件

(以前より、条件が少し上がった)

x86/x86_64 Processor (Intel or AMD CPU)
WinXP SP3 / Win7 / Win8 / Win8.1 / Win10
Windows DirectX 11 / Graphic driver with OpenGL 2.0
Hardware Virtualization Technology (Intel VT-x/AMD-V) shall be enabled in BIOS
Minimum 2GB of system memory
Minimum 2GB of hard disk free space

【推奨】
CPU: Intel i5-8400
RAM: 16GB
Graphic: Nvidia GeForce GTX 1050
OS: Windows 10

おすすめ以外

以下は、あまりおすすめできないエミュレーター。

開発が止まっていたり、ソフトウェア単体で完結していなかったりと、今とはなっては開発向けにもやや使いづらい。

Andy

対応OS:Windows、Mac
UI:Androidオリジナル
ベース:VirtualBox
最終更新日:2018年4月4日
現在バージョン:47.226.1076.7
対応Androidバージョン:Android N(7.x: Nougat)
開発元:AndyOS Inc.(法人:米国)

BluestacksやGenymotionよりも多機能であることを謳っている。

実際のスマートフォンをコントローラ(ゲームパッド)として使えたり、センサー、カメラ、マイクに対応していたりと確かに機能が豊富。

「常に最新版Androidが使えることを保証する」と謳っている。

デスクトップOS(PC)側のブラウザから直接AndyへAndroidアプリをインストールすることも可能。

仮想環境の外にあるデスクトップOS側のローカルファイルにアクセスすることができる。

XboxやPC向けのXInput対応ゲームパッドやPlayStationコントローラ(PS4のデュアルショック3)が標準で使える。

マルチタッチ対応。

マルチアカウント、マルチインスタンス対応。

一時、開発が止まっていたものの、多くの出資を受け、2018年ごろになって本格的に再開され、公式サイトも更新されていた。

――が、2019年現在、1年以上新バージョンがリリースされていない状態が続いている。

必要スペック要件

Dual core AMD or Intel CPU with Virutalization support
3Gb of RAM; Andy uses less than 1Gb while running apps
At least 10Gb of free disk space
GPU with OpenGL 2.1 support
Windows 7 SP1 / Windows 8.1 / Ubuntu 14.04+ / OSX 10.8+

KoPlayer

最終更新日:2018年11月26日
現在バージョン:2.0.0
開発元:KOPLAYER Inc.(中国)

KOPLAYER Inc.という中国の企業が開発したもの。

ゲーム利用に特化してつくられた。

公式サイトが珍しく、インドネシア語やタイ語にも対応している。

ユーザー向けのアフィリエイトサービスもやっている

HTML5や動画配信にも対応した「KOPLAYER-BOX」もリリースしているが、こちらは2016年で開発が止まっている。

なぜかアプリの最終更新日が2019年となっているが、実際には2018年のバージョン2.0.0から変化はない。

機能

  • 複数アカウント対応
  • 別ディスプレイでの表示
  • キーボードエミュレーション
  • 録画・シェア機能
  • Google Play標準対応

Android-x86

最終更新日:2019年06月13日
対応OS:PC向けx86環境(32ビット/64ビット)
日本語対応:OK
開発元:オープンソース・コミュニティ
対応Androidバージョン:すべて – ~Pie(9.x)

これはエミュレーターではなく、x86プロセッサに対応したパソコン用ハードウェア環境向けの純粋なOS。

公式のAndroid open source projectの一環で、正式にはpatch hosting for android x86 supportという名称のプロジェクト。

そのため、開発が継続的に続けられている。

あくまで単体のOSであるため、他のエミュレーターのようにWindowsなど既存OS上で動かすには、VirtualBoxのような仮想マシンを自分で用意する必要がある。

パソコンに直接インストールするのも手間がかかるため、全体的に敷居が高い。

一方で、アプリごとのマルチウィンドウに対応していたり、単体で動かせば古いマシンでも十分快適であったりと、独自のよさもある。

Android Emulator(Android Studio)

最終更新日:開発継続中
対応OS:Windows(64/32ビット)、Mac、Linux
対応CPU:Intel、AMD
日本語対応:OK
開発元:Google
対応Androidバージョン:すべて – ~Pie(9.x)

その名のとおり本家Googleが提供する、純正のAndroidエミュレーター。

あくまで開発者向けのもののため、けっして初心者が扱いやすいものではなく、最低でも統合開発環境であるAndroid Studioを扱う基礎知識が必要。

ただしその分、常に最新のAndroid機能を使うことができ、細かい部分までカスタマイズ可能。

System Requirements

Windows
Microsoft® Windows® 7/8/10 (32- or 64-bit)
3 GB RAM minimum, 8 GB RAM recommended; plus 1 GB for the Android Emulator
2 GB of available disk space minimum,
4 GB Recommended (500 MB for IDE + 1.5 GB for Android SDK and emulator system image)
1280 x 800 minimum screen resolution

Mac
Mac® OS X® 10.10 (Yosemite) or higher, up to 10.13 (macOS High Sierra)
3 GB RAM minimum, 8 GB RAM recommended; plus 1 GB for the Android Emulator
2 GB of available disk space minimum,
4 GB Recommended (500 MB for IDE + 1.5 GB for Android SDK and emulator system image)
1280 x 800 minimum screen resolution

Remix OS

最終更新日:2016年11月25日
対応OS:PC向けx86環境(32ビット/64ビット)
日本語対応:OK
開発元:Jide(北京技德系统技术有限公司 中国:北京)
ライセンス:オープンソース(GPL v2)

エミュレーターではなく、Android-x86をベースとしたパソコン向けデスクトップOS。

開発元が「ビジネス向けに注力する」として、一般向けの提供はすでに終了している。

現在はJide OSという、Android-x86かRemix OSをベースにしたと思われるパソコン向けOSを提供している模様。

有志が、仮想マシンのVMWare向けのイメージを公開してくれている

Remix OS Player


最終更新日:2016年12月26日
現在バージョン:1.0.110
対応Androidバージョン:6.0 (Marshmallow)
日本語対応:OK
開発元:Jide(北京技德系统技术有限公司 中国:北京)

上記Remix OSをエミュレーターとして使えるようにしたもの。

ゲーム利用を目的に開発されていたがすでに開発は止まっており、Remix OS Playerそのものの公式サイトも閉じられている。

そのため、今から手に入れたければ、OSDNのサイトで配布されているものを手に入れるしかない。

特徴

  • エミュレーター内部で複数アプリの同時起動が可能
  • カスタマイズ性の高さ
  • 開発者向けにもおすすめ:Android Studioとの親和性が高い
  • 簡単なインストール
  • まだバグが多い

Genymotion for fun

対応OS:Windows、Linux、Mac
UI:Androidオリジナル
ベース:VirtualBox

昔からあるサードパーティ製Andoroidエミュレーター。

ただし、サービスのメインは業務用のクラウド対応版に移行しており、こちらはもちろん基本有料。

現在は、個人の非商用目的のバージョンが「Genymotion for fun」として提供されているのみ。

余計な機能を取っ払っている分、起動・動作ともに高速だが、先行きがまったくわからないため、まったくおすすめできない。

公式サイトでもほとんど言及がなく、自分で手探りで使うしかない。

現状、Google Playを手動でインストールしなければならず、またその手順がややこしいので注意。

また、外部ソフトウェアであるVirtualBoxに依存するため、ソフトウェア単体で完結していない。

以前は開発者向けに好評だったが、今となってはやや全般的に扱いづらい部分も。

Google Playのインストール方法

実は、GenymotionはARMエミュレータではなく独自にAndroidをエミュレートしている。だから、環境によっては高速に動作する。

しかし、そのために一部のアプリが動かない。

元々、無料版だけ提供されていたときにはARMエミュレータもGoogle Playも入っていたのだが、有料版を出す際、Googleの規約に抵触していたらしく、のちに削除された。

そこで、有志が下記のサイトで公開してくれているARMエミュレータ「Genymotion-ARM-Translation_v1.1.zip」をGenymotionの仮想デバイスにインストールする。

XDA Developers

このサイトはモバイル関連のプログラミングについてのサイト。上記のものは個人がつくったものだが、採用実績が豊富なようなので安心して使える。

ダウンロードしたファイルを起動した仮想デバイスのウィンドウにドラッグ&ドロップすればいい。

その後、再移動が必要になるが、この際、Genymotionのバージョンによっては、仮想デバイスのウィンドウを閉じてもVirtualBoxのプロセスが残ってしまうことがある。タスクマネージャで「VirtualBox.exe」を直接終了させるしかない。

次に、Google Playのアプリ・ファイルを同じページから仮想デバイスのAndroidバージョンに合わせてダウンロードする。

ARMエミュレータと同じように、起動した仮想デバイスにドラッグ&ドロップする。

もう一度再起動すると、Google Playがインストールされている。

Windroy

対応OS:Windows、Linux、Mac
UI:Androidオリジナル
ベース:独自
開発元:Socketeq ※リンク切れ http://www.socketeq.com/

軽快に動くといわれているが、まだ発展途上の感が強い。

Google Playに非対応のため、.apkファイルを自分でエミュレーター用のフォルダに入れなければならない。

公式サイトにアクセスできず、すでに開発が止まっている可能性がある。

そのため、今から手に入れたければ、第三者のサイトで配布されているものを手に入れるしかない(公認のものかどうかは不明)。

YouWave

最終更新日:2017年6月19日
バージョン:Home 5.9 LOLLIPOP
対応OS:Windows 10~XP
UI:Androidオリジナル
ベース:Virtual Box
対応Androidバージョン:4.0.4

低スペックのマシンでも動くことを謳っている。Windows XPにも正式対応。

無償版ではAndroidがバージョン4.0.4までしか対応しておらず、しかもアドウェア(広告ウェア)がついてくる。

これといって特長がなく、しかもアドウェア付きなのであえて使うべき理由はまったくない。

必要スペック条件

Intel Pentium 1.6GHz CPU, 2.0GB DRAM, 500MB disk space,

共通の注意事項

一部のアプリ(特にゲーム)がチート対策(不正対策)なのかエミュレーターからは使えなくしているので、導入してもあまり意味がない場合もある。

労力を考えると、素直に格安タブレットでも買って、そちらを使ったほうが建設的だともいえる。

  • 開発が実質的に止まっているものも多い。できるだけ継続的にバージョンアップされているものを使おう。
  • なぜか提供者が中国系企業であることが多い。個人情報の取り扱いなどに不安がある場合は、Googleの捨てアカウントをつくったほうがいい。
  • ライセンス上の問題でGoogle Playは手動でインストールしなければならない場合がある。
  • 大手や有名企業が提供していることはめったにない。どこまで信用できるか未知数の部分があるため、エミュレーターで使うGoogleのアカウントは、やはり捨てアカウントを利用したほうがいい場合もある。
  • ゲームのアプリは、チート対策なのか動かないものもある
  • VirtualBox系のエミュは、Andoroid SDKのものとほとんど同じ。安定しているが、環境によっては処理も起動も遅い。
  • 各公式サイトでさまざまなアプリ(特にゲーム)を紹介しているが、ほとんどの場合、エミュレーターがそれらに正式対応しているわけでも、各アプリの提供者が正式に許可しているわけでもない。