[FlashDevelop] 便利機能:定数の自動設定

2011 年 7 月 31 日 Categories: FlashDevelop | Tags:

【更新】
2011年7月31日:Eventのサブクラスにおける文字列の自動生成

FlashDevelopでは、コード中の文字にキャレットがあるとき、Ctrl + Shift + 1のショートカットを実行するとコードジェネレーターのさまざまな機能を使うことができる。

「定数の宣言」もそのひとつ。「CONSTANT」というふうにコード中にすべて大文字の単語を書いて上記のショートカットを押してみると、ポップアップメニューから実行できるようになる。

static public const CONSTANT:

そのクラスがEventクラスを継承している場合、値の文字列まで自動生成される。

static public const CONSTANT_VAR:String = "constantVar";

また、「static public」の並び順は、「ツール―環境設定―ASCompletion―Start Declarations With Access Modifiers」で設定できる。

なお、FDでは特定の文字列を選択した状態でCtrl + Uを押せば、すべての文字を大文字に変換可能。