[WordPress] 人気プラグインJetpackの『人気の投稿とページ』ウィジェットにアイキャッチ画像を表示する方法

WordPressの公式統合プラグイン『Jetpack』を導入すると、ウィジェットとして「人気の投稿とページ(JetPack)」が使えるようになる。

これは、24〜48時間以内のアクセス数から自動的に人気記事を抽出して一覧表示してくれるもの。

以下の設定をすると、各投稿・ページのアイキャッチ画像をリスト項目のサムネイルとして表示する機能もある。

アイキャッチ画像が未指定の場合、本文内の戦闘の画像が自動的にサムネイルとされるので非常に便利。

使い方

ウィジェットの設定項目にある「表示形式」から、以下のいずれかを選ぶ。

  • 画像リスト
  • 画像グリッド

21. 11月 2017 by takasho
Categories: ウェブ | Tags: , |

クラウドストレージ『Googleドライブ』の使い方【シンプルまとめ】

概要

  • 容量15GBまで
  • Googleフォトとの連携が可能
  • 「バックアップと同期」というクライアントアプリが存在
  • 対象OSは、Windows 10、8、8.1、7、Vista、XP(クライアントアプリも)

総容量とGoogleフォトとの関係

容量15GBまでというのはGoogleドライブだけでなく、GmailやGoogleドキュメントなど各種Googleサービス全体で共通。

つまり、あるサービスで容量を使い切ってしまうと別のサービスで保存ができなくなってしまう。

画像・動画とGoogleフォト

実は、GoogleドライブとGoogleフォトは密接につながっており、写真などの画像や動画の扱いは共通。

特にパソコン版では、ブラウザのウェブページからの直接アップロードを除いて、現状「バックアップと同期」というクライアントアプリ(ソフト)を使うしかないため、どうしたところで両方のサービスを連携するしかない。

仕様

【クライアントアプリの場合】

アップロードの設定で「高画質」を選択すれば、画像16MP(1600万画素)、動画フルHD(1080p:1920×1080)までは容量を消費しない。

【ウェブページから直接アップロードした場合】

・Googleフォト側:「高画質」でアップロードすれば、Googleドライブの残り容量を消費しない

・Googleドライブ側:どのサイズであっても、Googleドライブの残り容量を消費する

表示

Googleドライブの画像・動画をGoogleフォトで表示することも、その逆も可能。

ポイント

GoogleドライブとGoogleフォトが共通化されたためにかえってわかりづらくなっており、注意点は多い。

ただし、基本は同じだと覚えておけば問題ない。

Googleフォトについての詳細はこちら

使い方

以下は、パソコン版について。基本は、スマホアプリ版も変わらない。

同期の基本

自動的に生成される「Google ドライブ」フォルダにあるファイルは、基本的にすべて同期される。

特定のフォルダを指定したい場合は「バックアップと同期」の設定から「Google ドライブ」の項目を選ぶ。

バックアップ

端末間の同期はせず、バックアップのみ行いたい場合は「Google ドライブ」フォルダ以外のフォルダを「バックアップと同期」で指定する。

「バックアップと同期」設定画面の「マイ パソコン」で、特定のフォルダを選ぶ。

なお、この名前はあくまでデフォルトの名称なので、表示部分をクリックすれば変更可能。

「Google ドライブ」以外のフォルダを同期

「バックアップと同期」のクライアントアプリが配布されて以降、上記のバックアップで指定したフォルダを同期対象にすることもできるようになった。

ただし、クライアントソフト側では設定できないので、ウェブページ(ブラウザ)のほうで変更を行う。

そのため、Chrome用の拡張機能「Application Launcher for Drive (by Google)」が必要。

【手順】

「マイ パソコン」以下の対象フォルダを右クリック
>メニュー「マイ ドライブに追加」を選択

フォルダ登録の注意点

なぜか、登録したフォルダそのものは同期対象にできない

そのサブディレクトリ以下しか設定不可能なので、バックアップ登録のフォルダ自体を指定したい場合は、その親フォルダを登録するしかない。

ただし、それだと同一階層(兄弟)フォルダまで余計にバックアップ対象になってしまう。

現状、根本的な対処法はなく、それを我慢するか、空の親フォルダをつくってそこに同期対象フォルダを移すしかないようだ。

フォルダのリンクは対象外

WindowsなどOSには、フォルダ(ディレクトリ)を別のパス(アドレス)に設定するシンボリックリンクという機能があるが、それによって指定したリンク先のフォルダは同期対象のフォルダのサブフォルダにあっても同期・バックアップされない

素直に対象フォルダをGoogleドライブに登録するしかない。

転送速度の制限

ダウンロード・アップロードそれぞれ別々に設定できる。

「バックアップと同期」の設定画面
>設定
>ネットワークの設定
>帯域幅の制限

外部ストレージからの直接アップロード

USBメモリやカメラのストレージから、ファイルをGoogleドライブを直接アップロード可能。

「バックアップと同期」の設定画面から、画面下部にある「USBデバイスとSDカード」をクリックし、対象機器を選択する。

20. 11月 2017 by takasho
Categories: ウェブ | Tags: |

Googleフォトとは:容量無制限の画像・動画専用クラウドストレージ【シンプルまとめ】

以下の内容は、基本的にパソコン(Windows・Mac)でもAndroid・iOS(iPhone・iPad)でも同じ。

特徴

  • 容量無制限
  • 画像だけでなく動画にも対応
  • 画像・映像情報の自動解析
  • スマートフォン・パソコン向けクライアントアプリが存在
  • Googleドライブと連携可能

容量無制限

ただし、以下の制限がある。

【高画質を選択した場合】

・16MP(1600万画素)を超える画像は、縮小される
・フルHD(1080p:1920×1080)を超える動画は、縮小される

【元の画質を選択した場合】

Googleドライブの容量(Googleアカウントのサービス全体で共通)15GBを消費してしまう。

画像・映像情報の自動解析

画像の情報から人物や場所を特定し、自動的にグループにまとめる(グルーピング)。

その結果、非常に検索精度が上がる。

スマートフォン・パソコン向け専用クライアントアプリが存在

自動アップロード・同期に対応。

Googleドライブと連携可能

というより実質、GoogleフォトはGoogleドライブの一部のようになっている。

Googleフォト側

設定画面で「Google ドライブ」をオンにすると、Googleドライブ側で保存されている写真や動画がGoogleフォトでも表示されるようになる。

Googleドライブ側

設定画面で『「Google フォト」フォルダを作成する』をクリックして、「完了」をクリック。すると、「Google フォト」フォルダが作成される。

問題点

GoogleフォトとGoogleドライブは密接に関係しているにもかかわらず、仕様が統一されていないために非常にわかりづらくなっている。

関係性

・片方で削除したものは、もう片方でも自動的に削除される
・Googleドライブ側にある「Google フォト」フォルダ以下のフォルダを削除しても、実際には何も削除されない

アップロード・同期方法

ブラウザでウェブページから直接アップロードした場合

・Googleフォト側:「高画質」でアップロードすれば、Googleドライブの残り容量を消費しない

・Googleドライブ側:どのサイズであっても、Googleドライブの残り容量を消費する

パソコン向けクライアントアプリ「バックアップと同期」を使った場合

以前は別々だったクライアントアプリを統合したのだが、上記のとおり仕様が微妙に異なるためにややわかりづらくなっている。

基本

「バックアップと同期」では、基本的にGoogleドライブ側でアップロードと同期がなされる。

この場合、クライアントの設定で「高画質」での送信を選択すれば、Googleドライブの残り容量を消費しない
(つまり、ウェブページでのアップロードとは逆)

Googleフォトは?

上記のような使用のため、Googleフォトの側で上記のGoogleドライブとの連携を行わないと、アップロードした画像・動画がGoogleフォトでは表示されない

こうなると、Googleフォト専用のクライアントを使いたくなるが、現在では「バックアップと同期」のみが提供され、Googleフォト用のソフトはすでに公開されていない。

つまり、クライアントアプリを使うなら、GoogleドライブとGoogleフォトを連携させるしか他に方法がないということ。

サーバー側(Googleフォト)とクライアント(端末)の同期の関係

基本

パソコンであろうとスマホであろうと、同期を設定した端末、またはサーバー(Googleフォト)で削除した画像・動画はすべての端末で同じように削除される

クライアント側のみ削除したい場合

スマホの場合

クライアントアプリの機能を使って削除する。
(他の方法だと、削除情報が同期されてしまう=すべての端末で削除されてしまうため)

【Android】

メニュー>空き容量を増やす

【iOS】

2つの段階を経る必要がある。

・Googleフォトのアプリ:メニュー>空き容量を増やす

・iOS の写真アプリ:「最近削除した項目」を開き、同じ写真と動画を手動で削除
(iOSは制限が厳しいため、こうする必要がある)

パソコンの場合

クライアントアプリの設定画面で「削除するアイテム」の項目を、以下のいずれかに設定。

・他の場所から削除しない
・すべての場所からアイテムを削除する前に確認する

サーバー側のみ削除したい場合

クライアント側の該当ファイルを、同期設定したフォルダ以外に移動させる。

そのうえで、サーバー(Googleフォト)のファイルを削除。

誤って削除してしまったファイルを復元する方法

サーバー側でゴミ箱に入れても、60日が経過するまでは保持されている。

サーバー側のゴミ箱に移動>完了アイコンをクリック>右上の復元アイコンをクリック

# ゴミ箱からも完全に削除したファイルは復元できない。

19. 11月 2017 by takasho
Categories: ウェブ | Tags: |

[WordPress] Jetpackの画像キャッシュ機能「Photon」の使い方・設定:おすすめ無料CDN【まとめ】

Photonとは:概要

WordPress(WordPress.com)の公式プラグイン集「Jetpack」内にある機能のひとつで、投稿内の画像をWordPress.comのサーバに自動で保存し、それを表示させる。

それによって、ブログのあるサーバのトラフィック(転送量)を減らすことが可能。

設定方法

WordPress管理画面の左メニューから「Jetpack>設定>Writing」の「メディア>画像と写真をスピードアップ」のトグルスイッチをオンにする。

機能

投稿内に記述されたHTMLのimg要素の画像を自動的に抽出し、その画像をWordPress.comのサーバにリサイズして保存し、出力される投稿のHTMLタグの記述も自動で変換する。

あくまでWordPress.com側のサーバに保存するだけなので、自分のサーバにある画像を勝手につくり変えるわけではない。よって、Photonをオフにすれば簡単に元に戻せる。

すべて自動で行われるので手間がなく、古い投稿にも問題なく適用される。

JPEG、PNG、GIFの主要な画像形式(フォーマット)にのみ対応。

リサイズ時のサイズ決定基準

該当するimg要素(タグ)か、その親要素のwidth・height属性を基準にする。

出力されるimg要素のwidth・height属性は、削除される。

キャッシュ画像のURL

http://i0.wp.com/s.ma.tt/files/2012/06/DSC01205.jpg?w=300
ドメイン

i0.wp.com~i3.wp.comまで用意(もっとあるかも)

形式

ix.wp.com/ + 元の画像のURL(http(s)://を除く) + ?(APIの各種パラメータ)

API

通常のキャッシュURLの末尾に各種パラメータを指定することで、さまざまな機能を使うことができる。

画像のリサイズなど。

公式リファレンスのページで、実際にどのように表示されるか示しながら説明されている。

HTTPS経由の画像を除外させたい場合

通常、Jetpackはすべての画像をキャッシュしようとするが、なんらかの理由でHTTPSの画像はキャッシュ対象外にしたい場合、WordPressで以下のフィルターを設定する。

add_filter( 'jetpack_photon_reject_https', '__return_true' );

問題点、デメリット、リスク

  • 設定の変更は一切できない
  • キャッシュの更新はされない
  • キャッシュの削除ができない
  • キャッシュ対象は画像のみ
  • 他のプラグインとの相性が悪い
  • なぜかキャッシュされないときがある
  • WordPress、またはWordPress.comのサービス以外では使えない
  • a要素(アンカータグ)で囲われているとキャッシュ対象にならない

キャッシュの更新・削除はされない

公式が「永久にできない」と言い切っている。

つまり、キャッシュのほうのみを変えたい場合でも、元の画像ファイルの名前を変更するしかない。

また削除の方法すらないので、何かの間違いで問題のある画像がキャッシュされても、ユーザー側では対処のしようがない状況。

他のプラグインとの相性が悪い

LightBoxのような画像の表示方法を変更するものや、WP CacheのようなWordPress全体をキャッシュするものの動作がおかしくなることもある。

たとえばSimple LightBoxは、img要素をa要素で囲わないとポップアップ対象の画像として認識しない。

なぜかキャッシュされないときがある

原因不明。対象画像は投稿を再度更新しても直らないので、こうなったときは上記の方法でPhotonのURLを直接指定すればいい。

WordPress、またはWordPress.comのサービス以外では使えない

規約で禁じられている。

Photonで問題がある場合は、CloudFlareなど他のCDNを検討しよう。

img要素がa要素(アンカータグ)で囲われているとキャッシュ対象にならない

なぜか対象外になる(LightBoxなどに悪影響を与えないためか?)。

いったんa要素のついていないimg要素をどこかに記述し、キャッシュさせる必要がある。

19. 11月 2017 by takasho
Categories: アプリケーション, ウェブ | Tags: , |

マイクラ的ブロック系ゲームのまとめ:オープンワールドのサンドボックスゲーム、FPSなど【おすすめ】

以下では、Minecraft(マイクラ)などに見られる、ブロックを使って建築などを行うサンドボックスゲームのタイトルを紹介する。

# 一部、サンドボックスゲームではないものも含まれる。

用語

voxel(ボクセル、ヴォクセル):3D座標での体積を示す1単位。ゲームでいうブロックのこと。
ビルド:ブロックを積み上げての建設
クラフト:アイテム作成
マイニング:採掘(採鉱)
生産:農業、漁業など
アバター:プレイヤーキャラなどのカスタマイズ(特に見た目)
RPG:ストーリーやプレイヤーキャラの成長要素などがあるか
課金形態:明示されていないかぎり、基本的に税込価格

ビルド要素のあるタイトル

Portal Knights

プラットフォーム:PC(Steam)、PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(PS4版:2人、オンライン4人まで)
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り Steam版:1480円 PS4ダウンロード版:2500円(税抜き)、パッケージ版:3000円(税抜き)
リリース状況:正式
システム要件:中

▼動画 (クリア)

見た目がきれいなサンドボックスゲーム。

ぶっちゃけ、全体的に『ドラゴンクエスト ビルダーズ』的な印象。RPG要素が強い。

プレイヤーキャラにはクラスが存在し、戦士・魔術師・レンジャー(弓使い)などを選べ、能力もカスタマイズできる。

基本、シングルプレイだが、4人までのマルチプレイも可能。

ワールドは、ランダムに自動生成される。

PS4版は、スパイクチュンソフトがローカライズを担当。

Block N Load

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス

フィールドを自分で構築できるFPS。

基本無料のオンラインゲームだが、シングルプレイも楽しむことができる。

FPSとしてはシンプルなので、飽きやすいという声も。

【システム要件】

最低:
OS: Windows Vista, 7 (SP1 required) & 8
プロセッサー: Dual Core CPU 2.0 GHz (Intel Core 2 Duo or Athlon X2) or better
メモリー: 3 GB RAM
グラフィック: Dedicated graphics card (NVidia GeForce 8800 GT or better)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

推奨:
OS: Windows Vista, 7 (SP1 required) & 8
プロセッサー: Quad Core CPU 2.0 GHz (Core i5) or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Dedicated graphics card (GeForce GTX 650 / AMD Radeon HD 7770 series or better).
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

Creativerse

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

見た目のきれいなサンドボックスゲームのMMORPG。

Portal KnightsやドラゴンクエストビルダーズをMMOにしたような印象。

Cubic Castlesよりおすすめか?

【システム要件】

Windows Mac OS X

最低:
OS: 64-bit Windows Vista SP2, 64-bit Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q6600, 2.4 GHz / AMD Phenom II X4 920 Quad-Core 2.8 GHz or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 8800/ ATI Radeon HD 2900XT
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Requires internet connection and 64-bit OS to play. Please refer to the FAQ for more details.

推奨:
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-750, 2.67 GHzj / AMD Phenom II X4 945, 3.0GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 460 / Radeon HD 5850
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
追記事項: Requires internet connection and 64-bit OS to play. Please refer to the FAQ for more details.

Trove

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:中

カスタマイズ性が高く、乗り物もあるなど、さまざまな要素が入ったMMORPG。

ゲームとしての完成度は高く、ユーザーによる最近の評価はいい。

(以前は賛否両論。というより、ヘビーユーザーからは典型的なpay to winだと厳しい意見が多かった)

低スペックマシンでも動く模様。

【システム要件】

Windows Mac OS X

最低:
OS: Vista 32-bit Service Pack 2
プロセッサー: Intel Core i5-2XXX @ 2.0GHz / AMD Phenom II X4 @ 2.6GHz
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 3000 or better
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能
追記事項: Graphics driver: OpenGL 3.2 or DirectX 10.0

Cubic Castles

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:MMORPG、アクションRPG、サンドボックスゲーム
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

オーソドックスなタイプのMMORPG。

見た目はほどほどだが、ビルド・クラフト要素などサンドボックスゲームとして一通りの要素はそろっている。

低スペックのマシンでも動く。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7
プロセッサー: Core 2 Duo or higher. Athlon 64 or higher
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 1024×768, DirectX 10
DirectX: Version 10
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 50 MB 利用可能

Blockstorm

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

フィールドもキャラも武器までも、すべてブロックでつくることができる。

本当にいろいろなことができるので、評価の高いサンドボックスFPS。

一部、ゲームパッドに対応している。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows XP with SP2 or later
プロセッサー: Intel Core 2 Duo
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce 8600M GT
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 200 MB 利用可能
追記事項: With the minimum configuration, disable dynamic shadows and effects

推奨:
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel Core i3
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Nvidia Geforce GTX 550 ti
DirectX: Version 9.0
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 512 MB 利用可能

Robocraft

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:クラフト
ジャンル:TPS
プレイスタイル:マルチプレイ
世界観:SF
言語:日本語・英語など
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:中

マイクラ的に自分の機体(ロボット)を自由につくり、それを使って戦い合うゲーム。

通常のシューターとは少し毛色は違うが、基本はTPS。

【必須スペック】

OS: Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
プロセッサー: Intel Dual Core or better with SSE2 support or equivalent AMD family
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Shader Model 3.0 Compatible GPU, DirectX 9.0c
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 1 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible
追記事項: Min Resolution 1024×768

Planet Nomads

▼動画 (クリア)

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、サバイバル(開拓)
ジャンル:アクションゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
世界観:SF
言語:英語など(日本語非対応)
課金形態:1980円
リリース状況:正式
システム要件:中

リアルなグラフィックのサンドボックスゲーム(サバイバルゲーム)。

基本はブロック単位で編集していく。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Win 7 – 64bit
プロセッサー: Intel i3-6300 or AMD FX 6300
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 560 Ti / AMD R7 260x
DirectX: Version 11
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible
追記事項: Planet Nomads is still in development and system requirements may change.

推奨:
OS: Win 10 – 64bit
プロセッサー: i5 4690 / Amd FX 8370
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 960 / AMD R9 280x/380
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible
追記事項: Planet Nomads is still in development and system requirements may change.

Colony Survival

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター、育成
ジャンル:建設SLG、ストラテジー(タワーディフェンス)、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(オンライン)
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り 1980円
リリース状況:アーリーアクセス
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

町をつくって、襲い来るゾンビを撃退していくゲーム。

マイクラとの決定的な違いは、NPCに作業を分担させることができること。

2017年7月現在、ゲームとしてはまだまだな部分がある。

Birthdays the Beginning

プラットフォーム:PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:環境SLG、(一部)サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り パッケージ版:6264円、ダウンロード版:5800円
リリース状況:正式
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

「生態シミュレーションゲーム」(環境シム)のブロック型サンドボックスゲーム。

ブロックを積んでいくのではなく、特定の地面を引き上げたり、押し下げたりしてフィールドをつくっていく。

あくまで生態SLGなので、かならずしも狙ったものがつくれるわけではない。

ゲームの目的は特定の生物を生み出すこと。フィールドを作り替えていくことで環境を変え、さまざまな生物が生まれるようにする。

水中生物から恐竜までさまざまな生物が生まれる可能性がある。

PCの育成要素はない。

ハコニワカンパニワークス

プラットフォーム:PS4
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター、育成
ジャンル:SRPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り パッケージ&ダウンロード:7538円
リリース状況:正式
リリース年

▼動画 (クリア)

ブロックゲームとしては珍しいシミュレーションRPG。

SRPGらしく、キャラの育成に「ジョブ」や「スキル」の要素などがある。

戦闘システムは、AP制。APが残っているかぎり、1ターン内に何度でも行動できる。

戦闘フィールドとは別に、自分の街をつくり上げていく。

売上は相当厳しいらしい……

ドラゴンクエスト ビルダーズ

プラットフォーム:PS4、PS3、PlayStation Vita
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:RPG、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り PS4:8424円、PS3:7344円、PS Vita:6264円(パッケージ、ダウンロード)
リリース状況:正式

『ドラゴンクエスト1』の世界を舞台にしたオーソドックスなサンドボックスゲーム。

マイクラとは違い、明確なストーリー(シナリオ)があり、クリア目標が設定されている(ラスボスがいる)。

また、ドット絵ベースのマイクラとは異なり、グラフィックはきれい。

全体的に丁寧にわかりやすくつくられており、建物の「設計図」などもあって、サンドボックスゲームの初心者におすすめ。

PlayStationプラットフォームの「クロスセーブ」に対応。

視点に難があるのと、マルチプレイにまったく対応していないのが残念。ただし、他プレイヤーにデータを公開する機能はある。

StarMade

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り1480円
リリース状況:アーリーアクセス(アルファ)
システム要件:低

珍しいSFのブロックゲーム。宇宙船をブロックでビルドできる。

低スペックのマシンでも動くように開発されている。

Javaが必要。

キューブクリエイターDX

プラットフォーム:Nintendo 3DS
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ(オンライン)
言語:日本語
課金形態:売り切り パッケージ版2800円(税抜き)、ダウンロード版1852円(税抜き)
リリース状況:正式
リリース年:2017年

▼動画 (クリア)

前作「キューブクリエイター3D」の新作。

ビルドに専念する「クリエイティブモード」、アクションゲームとしてのステージをつくれる「ステージビルダーモード」、冒険やクラフトを楽しむ「サバイバルモード」があるなど、機能が充実。

オンライン要素もあり、4人までのマルチプレイを楽しめる。

正統進化といえる作品。

キューブクリエイター3D

プラットフォーム:Nintendo 3DS(ダウンロードのみ)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、生産、アバター
ジャンル:サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:日本語
課金形態:売り切り800円
リリース状況:正式

いっそ清々しいくらい、見た目もシステムも徹底的にMinecraftに似せている。正直、著作権的に大丈夫かと思えるくらい。

アクション時は主観視点、ビルド時は俯瞰視点と変えられる点が使いやすい。

日本ではアークシステムワークスがリリースしているが、海外のBig John Gamesが開発している。

Gunscape

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

フィールドもキャラも武器までも、すべてブロックでつくることができる。

本当にいろいろなことができるのサンドボックスFPS。

一部、ゲームパッドに対応している。

【システム要件】

Windows Mac OS X SteamOS + Linux

最低:
OS: Windows XP
プロセッサー: SSE2 instruction set support.
メモリー: 1 GB RAM
グラフィック: DX9 (shader model 3.0) capabilities
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 500 MB 利用可能

Ace of Spades: Battle Builder

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、アバター
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:1480円
リリース状況:正式
システム要件:低

▼動画 (クリア)

【システム要件】

Windows Mac OS X

MINIMUM:
OS: Windows XP with SP3 / Vista / 7
Processor: 2.4 GHz Intel Dual Core Processor or AMD equivalent
Memory: 2 GB RAM
Hard Disk Space: 500 MB free
Graphics: 800 x 600 Minimum Resolution, OpenGL 2.0 Support or better.
Video Card: Recommend use of dedicated graphics card (GeForce 6800 GT or higher, Radeon X1600 or higher, Intel Graphics version GMA 4500 or higher with 128 MB of dedicated RAM. Laptop/Mobility cards will vary.
DirectX: 9.0
Other Requirements: Broadband Internet connection

RECOMMENDED:
OS: Windows XP with SP3 / Vista / 7
Processor: 2.6+ GHz Intel Quad Core Processor or AMD equivalent
Memory: 4 GB RAM
Hard Disk Space: 500 MB free
Graphics: 800 x 600 Minimum Resolution, OpenGL 2.0 Support or better.
Video Card: GeForce GTX460 dedicated graphics card or AMD equivalent
DirectX: 9.0
Other Requirements: Broadband Internet connection

BLOCKADE 3D

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:FPS、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:マルチプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:アーリーアクセス(2014年11月~)
システム要件:低

フィールドをブロックでつくることができる。

4チーム最大32人まで同時バトルが可能。

かなり低スペックのマシンでも動く。

グラフィックは、マイクラ以上に大雑把な印象。

2014年11月からずっとアーリーアクセスのまま……

【システム要件】

最低:
OS: Windows XP,7
プロセッサー: Pentium 4 2000MHz
メモリー: 1024 MB RAM
グラフィック: GeForce 5700
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 300 MB 利用可能
サウンドカード: any

推奨:
OS: Windows XP,7
プロセッサー: Core i5
メモリー: 2048 MB RAM
グラフィック: GeForce 250GTS
DirectX: Version 9.0c
ストレージ: 300 MB 利用可能
サウンドカード: any

Blockland

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り980円
リリース状況:正式
システム要件:低

2007年リリースの古いゲームだが、けっこういろいろなことができる。

ただ、サーバはあまり安定していない模様。

ブロック系に近いサンドボックスゲーム

Empyrion – Galactic Survival

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り1780円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

ブロック系というわけではないが、サンドボックスゲームとして必要な要素が一通りそろっているSFゲーム。

リアルなグラフィックが特長で、ユーザーがつくれるものも他のサンドボックスゲーム以上に美しくできる。

現状、リアル系としては最高クラスかも。

テラリア

プラットフォーム:PC(Steam)、PS4、PS3、PlayStation Vita、3DS
表示タイプ:2D
要素:ビルド、クラフト、マイニング、アバター
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
言語:英語、日本語など
課金形態:売り切り Steam:980円
リリース状況:正式

ブロック単位のゲームというわけではないが、2Dのサンドボックスゲーム。

横スクロールのアクションゲームとして戦闘に重きを置いている。

2Dであるのと見た目がドット絵なので、好き嫌いが比較的はっきり分かれるゲーム。

Scrap Mechanic

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:英語
課金形態:売り切り1980円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

ブロックゲームに近いサンドボックスゲーム。

ライトな雰囲気のグラフィックが美しく、建物や乗り物のビルドなどができる。

アーリーアクセスだが、評価の高いタイトル。

Astroneer

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト
ジャンル:アクションゲーム、サンドボックスゲーム、サバイバルゲーム
プレイスタイル:シングルプレイ、マルチプレイ
言語:日本語、英語など
課金形態:売り切り1980円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:中

▼動画 (クリア)

ブロック(ボクセル)単位ではないが、変形の自由度が比較的高いサンドボックスゲーム。

複数ある惑星を開拓し、資源を集め、さまざまなものをつくっていく。

【システム要件】

最低:
OS: Windows 7 (64 Bit のみ), Windows 8 (64 Bit のみ), Windows 10 (64 Bit のみ)
プロセッサー: X64 Dual Core CPU、2+ GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 1 GB VRAM搭載のディスクリートGPU
DirectX: Version 11
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: Any
追記事項: Internet connection required for online multiplayer

推奨:
OS: Windows 7 (64 Bit のみ), Windows 8 (64 Bit のみ), Windows 10 (64 Bit のみ)
プロセッサー: X64 Quad Core CPU、3+ GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: 2 GB VRAM搭載のディスクリートGPU
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: Any

8BitMMO

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:2D
要素:ビルド
ジャンル:MMORPG、サンドボックスゲーム
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:基本無料
リリース状況:正式
システム要件:低

見下ろし視点(バードビュー)のサンドボックスゲーム。

ユーザーコミュニティは非常に大きいが、全体の評価はいまひとつ。

グラフィックは2Dのドット絵で、お世辞にもクオリティが高いとはいえない。

低スペックマシンでも動く。

Stonehearth

プラットフォーム:PC(Steam)
表示タイプ:3D
要素:ビルド、クラフト、サバイバル
ジャンル:運営シミュレーション(SLG)
プレイスタイル:シングルプレイ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:売り切り2480円
リリース状況:アーリーアクセス
システム要件:低

SLGとしての町づくりゲーム。ただし、ビルド、クラフト、サバイバル(戦闘)といった要素は一通りそろっている。まさに、マイクラを運営SLGに(ストラテジー)したようなゲーム。

ブロックゲーム的なのは見た目のみだが、キャラがさくさく動き、UIを含めたグラフィックが美しい。

ビルドはブロックをひとつひとつ組み上げるものではなく、全体を大まかに指定してそれをNPCが組み立てていく形になる。

地形は毎回ランダム生成される。

あくまでSLGなので、戦闘もNPCが行う。

やってみたいと思わせるゲーム。

ボクセルエディタ

以下は、ブロック(立方体)単位で3Dモデルを構築していくツールについて。

MagicaVoxel

プラットフォーム:PC(Windows、Mac)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:正式

▼動画 (クリア)

完全無料とは思えない、高性能ボクセルエディタ。営利目的の利用でもフリー。

マイクラ的に手軽なモデリングができるだけでなく、レンダリング(静止画の描き出し)にも対応。

一部マテリアルの設定をすることができ、発光・メタル(金属質)・ガラス(透過)、さらにGI(Global Illumination)もある。

現在も継続的に開発が進められている。

ただし最大サイズは、縦横高さ126ブロックまで。けっこう小さいのが玉にきず。

また、公式サイトでは使い方の説明がほとんどないので、みずから手探りで進めるか、有志が公開しているチュートリアルを参考にやっていくしかない。

なお、OpenGLを利用しているので、それに対応した環境でないと動かない。Windows 10はなぜか標準のOpenGLドライバがないので、ハードウェア自体がOpenGLに対応し、そのドライバをインストールしてある必要がある。グラフィックカードを導入しているのなら、ほとんどの場合大丈夫。

Voxel Builder

プラットフォーム:PCブラウザ
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:無料
リリース状況:正式

ブロック単位で3Dオブジェクトを構築する無料のエディタ。ブラウザベース。

ゲーム要素はもちろんない。

似たようなエディタは「voxel editor」で検索すると、無数に出てくる。

Qubicle Voxel Editor

プラットフォーム:PC(Steam、Windows、Mac)
表示タイプ:3D
要素:ビルド
ジャンル:3Dエディタ
言語:英語(日本語対応なし)
課金形態:20~175ドル
リリース状況:正式

有料だけあって多機能なボクセルエディタ。

Unity向けのモジュール(別料金)が提供されているなど、ゲームとの親和性が高い。

ただし、ライセンス体系が複雑。最安のBasic版は20ドルだが、営利目的で使えるのはインディーズのみ。

もし趣味で手軽に使いたいのなら、MagicaVoxelで十分だろう。

評価

今となっては、マイクラ的ブロックゲームもけっして珍しいものではなくなった。

現状、玉石混淆といった感じだが、非常に魅力的なものも多い。

あと、基本無料や低価格のゲームがほとんどなので、気軽に始められる。

日本語対応していないものが多いのは残念だが、内容はシンプルなものが多いのでたいした問題にはならないだろう。

18. 11月 2017 by takasho
Categories: ゲーム |

← Older posts